« 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/ニチイ学館の4~12月期、純利益24%増の27億円 介護事業好調(20110209) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金/39%が賃金格差に不満 派遣ら、正社員への道なく(20111001) »

2011.10.02

【社労士】労働一般常識 > 賃金/個人の定期預金、10年ぶり高水準 7月末(20111001)

個人の定期預金、10年ぶり高水準 7月末 2011/10/ 1 日本経済新聞

 個人の定期預金の残高が増加している。日銀の「預金者別預金」によると7月末時点での国内銀行の個人の定期預金の残高は、2001年12月以来の高水準となった。景気の減速懸念などから個人が安全志向を強め、預金を積み増す傾向が拡大しているためだ。
 国内銀行を対象にした7月末の個人の定期預金の残高は199兆3236億円となった。前月比では1069億円増加し、残高の拡大は4カ月連続。
 厚生労働省が9月29日にまとめた大企業の11年の夏のボーナスは、前の年に比べて5.0%増と、個人の資金余剰を押し上げる要因となっている。
 【関連記事】「給与総額ちょっぴりプラス 4年ぶり0.5%増  残業代・ボーナスなど伸びる 10年 2011/ 2/ 1 日本経済新聞

|

« 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/ニチイ学館の4~12月期、純利益24%増の27億円 介護事業好調(20110209) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金/39%が賃金格差に不満 派遣ら、正社員への道なく(20111001) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/52891845

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 賃金/個人の定期預金、10年ぶり高水準 7月末(20111001):

« 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/ニチイ学館の4~12月期、純利益24%増の27億円 介護事業好調(20110209) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金/39%が賃金格差に不満 派遣ら、正社員への道なく(20111001) »