« 【社労士】社会一般常識 > 国民健康保険法/国保納付率が最低に 09年度88.01%、景気低迷で 厚労省調べ(20110204) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/「大学生は主体性が足りない」 経団連、企業アンケート(20110207) »

2011.02.07

【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/「就活は中小でも」11年ぶり過半数 内定求め現実路線(20110205)

「就活は中小でも」11年ぶり過半数 内定求め現実路線 2011/ 2/ 5 asahi.com

 志望企業の知名度や規模より、まずは内定獲得を優先――。就職情報会社「毎日コミュニケーションズ」の調査で、2012年春に卒業を予定し、現在、就職活動をしている学生が、こんな思いを強めていることがわかった。
 調査は、会社説明会などが始まった昨年10~12月に、全国約1万人の大学3年生と大学院1年生を対象に実施。企業志向を尋ねたところ、「中堅・中小企業がよい」「やりがいのある仕事であれば中堅・中小企業でもよい」と答えた学生が全体の53.4%と、11年ぶりに半数を超えた。
 かねて、学生は大手企業志向が強過ぎると指摘されてきた。今春卒の学生の求人倍率は、従業員1千人以上の大企業は1倍を下回ったが、300人未満の企業では4倍超。それでも、学生の目が中小企業に向かない「ミスマッチ」が、内定率悪化の背景にあるといわれてきた。
 調査担当者は「氷河期は続くと割り切り、『まず内定』という現実路線に傾いている学生が増えた」とみる。
 【関連記事】「学生、大手志向強める 商社や銀行の順位上昇 民間が志望企業調査 2011/ 1/11 日本経済新聞」 / 「【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就職先人気企業ランキング(20100407)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就職先人気企業ランキング(20100311)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就職先人気企業ランキング(20100112)」 / 「就職人気ランキング、トヨタ7位に陥落・日産は57位 2009/ 3/12 YOMIURI ONLINE」 / 「大学生の志望企業 1位ANA、金融は10位圏外に 楽天系調べ 2009/ 2/27 NIKKEI NET」 / 「総合商社が堅調、自動車は大幅ダウン…就職人気ランキング 2009/ 1/13 YOMIURI ONLINE」 / 「大学生の志望企業、三菱UFJが首位 民間調査  2009/ 1/13 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 国民健康保険法/国保納付率が最低に 09年度88.01%、景気低迷で 厚労省調べ(20110204) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/「大学生は主体性が足りない」 経団連、企業アンケート(20110207) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/50800286

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/「就活は中小でも」11年ぶり過半数 内定求め現実路線(20110205):

« 【社労士】社会一般常識 > 国民健康保険法/国保納付率が最低に 09年度88.01%、景気低迷で 厚労省調べ(20110204) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/「大学生は主体性が足りない」 経団連、企業アンケート(20110207) »