« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題/看護師の復帰支援…福島県、ブランク解消の研修(20110202) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/採用は4年生の夏休み以降に…日商会頭(20110202) »

2011.02.03

【社労士】労働一般常識 > 労働組合/労組組織率18.5% パート割合過去最高 2010年(20110202)

労組組織率18.5% パート割合過去最高 2010年 2011/ 2/ 2 asahi.com

 2010年の全雇用者に占める労働組合員の割合(組織率)は、34年ぶりに上昇した前年と変わらず18.5%だったことが、厚生労働省の労働組合基礎調査でわかった。雇用者数も組合員数も減少する中、パート労働者の組合員が増え続けている。
 10年6月末現在の状況を調査した。組合員数は、前年より2万4千人少ない1005万4千人。組合数も329組合減の2万6367組合。組合員数は2年ぶり、組合数は10年連続で減少した。
 パート労働者の組合員は2万6千人増の72万6千人。全組合員に占める割合は7.0%から7.3%に上昇し、いずれも調査項目となった90年以降で最高となった。
 業種別では、卸売業・小売業が前年より2万8千人増えて117万6千人。このうちパートが3分の1を占めた。一方、製造業は1万4千人減の273万9千人。産業別労組では、流通系労組が多く加盟するUIゼンセン同盟が2万7千人増の105万8千人で最多。自治労は1万7千人減の84万6千人だった。
 民間企業の規模別の組織率は、1千人以上で46.6%だったが、999~100人は14.2%、99人以下は1.1%にとどまった。
 厚労省の担当者は「パートの増加などで組織率は維持したが、下げ止まったとは判断できない」としている。
 【関連記事】「労組組織率、34年ぶり上昇 パート加入増、雇用者全体が減少  2009/12/10 NIKKEI NET」 / 「労組の課題「組織拡大」3割と最多に 正社員重視変わらず 2009/ 7/16 NIKKEI NET」 / 「非正規労働者らの組合がネットワーク、企業や業種の枠超え 2009/ 2/23 YOMIURI ONLINE」 / 「労働組合員数1万4千人減、再びマイナスに転じる 2008/12/16 YOMIURI ONLINE」 / 「労働組合員数が13年ぶり増加、組織率は32年連続低下 2007/12/27 YOMIURI ONLINE」 / 「労働組合の組織率、過去最低更新へ 連合見通し 2007/12/ 4 asahi.com」 / 「労組の組織率、31年連続下落・06年6月末18.2% 2006/12/21 NIKKEI NET」 / 「労組の組織率、18.2%に低下 連合が推計 2006/12/ 7 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題/看護師の復帰支援…福島県、ブランク解消の研修(20110202) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/採用は4年生の夏休み以降に…日商会頭(20110202) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/50762493

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 労働組合/労組組織率18.5% パート割合過去最高 2010年(20110202):

« 【社労士】労働一般常識 > 労働問題/看護師の復帰支援…福島県、ブランク解消の研修(20110202) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/採用は4年生の夏休み以降に…日商会頭(20110202) »