« 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ/協会けんぽ、都道府県別の保険料率9.50%に上昇(20110201) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/企業の冬ボーナス、3年ぶりに増え73万3935円 厚労省調査(20110131) »

2011.02.01

【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度/社会保障改革:検討会議のメンバー決定(20110201)

社会保障改革:検討会議のメンバー決定 自公政権踏襲色濃く 2011/ 2/ 1 毎日jp

 ◇野党協議見据え、柳沢元厚労相ら
 政府は31日、税と社会保障の一体改革を議論する「社会保障改革に関する集中検討会議」のメンバー20人を発表した。政府・与党関係者に加え、自民党の税制調査会長、厚生労働相などを歴任した柳沢伯夫前衆院議員や、自公政権下で同様の検討会議の座長を務めた有識者が名を連ねた。政府は6月までに政府案策定を目指す一体改革について与野党協議を呼びかけており、自公政権時の議論の流れを踏襲する布陣にすることで、野党の協議入りを促す構えだ。
 「大きな政策は党派を超えて合意しないと実行できない。一体改革はその最たるものだ」。与謝野馨経済財政担当相は同日開かれた政府・与党社会保障改革検討本部の会合後の会見で、改革実現には与野党協調が必要との認識を改めて示した。
 同会議は、政府・与党検討本部の下部組織として設置する。メンバーは菅直人首相を議長に、与謝野経財相ら関係閣僚のほか、民主党から社会保障と税の抜本改革調査会長を務める仙谷由人前官房長官を選任。連合の古賀伸明会長、トヨタ自動車の渡辺捷昭副会長ら労働界、経済界の重鎮が参加する。
 最大の特徴は、自公政権時代に税や社会保障改革で中核を担い、与謝野氏とも関係が深い有識者をメンバーに引き入れたことだ。
 例えば柳沢氏は、与謝野氏が自民党政調会長時代に会長代理としてコンビを組み、税と社会保障改革で与謝野氏の知恵袋的な存在だった。自公政権時代に「社会保障国民会議」座長を務めた吉川洋・東京大大学院教授や「安心社会実現会議」座長だった成田豊・電通名誉相談役も選んだ。
 また自公政権だけでなく、民主党政権でも改革論議に参加した宮本太郎北海道大大学院教授も選任するなど、与野党協議に向けて地ならしを進める思惑が透けて見える。ただ野党側は民主党政権を批判してきた与謝野氏の入閣に反発しており、与謝野色の強い検討会議の人選にも反発を強める可能性がある。
==============
 ◇社会保障改革に関する集中検討会議のメンバー
 《政府》
菅直人首相=議長
与謝野馨経済財政担当相=議長補佐
枝野幸男官房長官
藤井裕久官房副長官
片山善博総務相
野田佳彦財務相
細川律夫厚生労働相
玄葉光一郎国家戦略担当相
 《与党》
仙谷由人民主党社会保障と税の抜本改革調査会長
亀井亜紀子国民新党政調会長
 《有識者》
成田豊電通名誉相談役
渡辺捷昭トヨタ自動車副会長
古賀伸明連合会長
清家篤慶応義塾長
宮本太郎北海道大大学院教授
吉川洋東京大大学院教授
堀田力さわやか福祉財団理事長
峰崎直樹内閣官房参与
宮島香澄日本テレビ解説委員
柳沢伯夫元厚生労働相

社会保障改革検討会議、幹事委員に柳沢元厚労相 2011/ 1/31 YOMIURI ONLINE

 政府・与党社会保障改革検討本部(本部長・菅首相)は31日、首相官邸で会合を開き、社会保障と税の一体改革を議論する「社会保障改革に関する集中検討会議」の幹事委員20人を決めた。
 前自民党衆院議員で、厚生労働相も務めた柳沢伯夫城西国際大学長のほか、自公政権時代に社会保障関係の会議で座長を務めた成田豊電通名誉相談役と吉川洋東大教授らが入った。柳沢氏らの参加は、首相が目指す超党派協議の呼び水にする狙いがあると見られる。
 集中検討会議は2月5日に初会合を開き、4月頃まで経済団体や報道機関の提言の調査を行った後、成案作りに着手する。首相が議長、与謝野経済財政相が議長補佐を務める。
 成田、吉川両氏を含め、民間の4人は福田、麻生両政権時代に設置された「社会保障国民会議」「安心社会実現会議」にも参加していた。

社会保障・税の一体改革、検討会委員に柳沢氏ら有識者10人 2011/ 1/31 日本経済新聞

 政府・与党の社会保障改革検討本部(本部長・菅直人首相)は31日、社会保障と税の一体改革を議論する集中検討会議の有識者委員として、自民党税制調査会会長や厚生労働相などを歴任した柳沢伯夫・城西国際大学長ら10人を決めた。与謝野馨経済財政担当相が人選を主導した結果、自公連立政権時代にも起用された人材が目立つ。
 検討本部は社会保障と税の番号制度を2015年1月から利用開始する基本方針も決定。6月の政府案取りまとめに向け5日に初会合を開く。
 有識者委員のうち、柳沢氏は07年、与謝野氏が会長を務めた自民党研究会で「消費税率を10%程度に引き上げることが必要」との報告書の取りまとめにあたった。10年に政界を引退していた。自公政権時代に起用された人材も目立つ。安心社会実現会議で座長を務めた電通の成田豊名誉相談役、社会保障国民会議の座長だった吉川洋東大院教授もメンバーに名を連ねた。
 検討会議は首相が議長、与謝野氏が議長補佐を務める。政府からは枝野幸男官房長官、片山善博総務相、野田佳彦財務相、細川律夫厚労相、玄葉光一郎国家戦略相、藤井裕久官房副長官が入る。民主党からは社会保障と税の抜本改革調査会長の仙谷由人代表代行、国民新党からは亀井亜紀子政調会長が参加する。
 有識者10人の顔ぶれは次の通り。
 成田豊電通名誉相談役▽渡辺捷昭トヨタ自動車副会長▽古賀伸明連合会長▽清家篤慶応義塾長▽宮本太郎北大院教授▽吉川洋東大院教授▽堀田力さわやか福祉財団理事長▽峰崎直樹内閣官房参与▽宮島香澄日本テレビ解説委員▽柳沢伯夫城西国際大学長
 【関連記事】「【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度/年金・保険カード1枚に…社会保障・税に共通番号(20110128)」 / 「社会保障・税の共通番号、14年に割り当て 検討会案 2011/ 1/25 日本経済新聞」 / 「【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度/社会保障と税の一体改革(20110121)」 / 「厚労省、社会保障改革で検討本部 4月までに具体案 2010/12/27 日本経済新聞」 / 「社会保障改革「超党派で協議を」 首相、参院予算委で表明 2009/11/ 6 NIKKEI NET」 / 「首相、社会保障制度改革で野党側に協議呼びかけ 2008/ 6/19 YOMIURI ONLINE」 / 「首相、非正規雇用待遇改善などで緊急対策 8月までに 2008/ 6/19 asahi.com」 / 「社会保障抑制「修正を」、財源は明記せず…国民会議中間報告 2008/ 6/19 YOMIURI ONLINE」 / 「社会保障国民会議を来年1月に設置・年金、医療など検討 2007/12/18 NIKKEI NET」 / 「社会保障改革へ「国民会議」を・首相、連合に提案 2007/11/28 NIKKEI NET

|

« 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ/協会けんぽ、都道府県別の保険料率9.50%に上昇(20110201) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/企業の冬ボーナス、3年ぶりに増え73万3935円 厚労省調査(20110131) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/50744427

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度/社会保障改革:検討会議のメンバー決定(20110201):

« 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ/協会けんぽ、都道府県別の保険料率9.50%に上昇(20110201) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/企業の冬ボーナス、3年ぶりに増え73万3935円 厚労省調査(20110131) »