« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/全日空の12年春採用、卒業1年以内も新卒扱いに(20110129) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ/協会けんぽ、都道府県別の保険料率9.50%に上昇(20110201) »

2011.02.01

【社労士】労働一般常識 > 労働問題/産婦人科医の1割、気分障害や不安障害に悩む 学会調査(20110130)

産婦人科医の1割、気分障害や不安障害に悩む 学会調査 2011/ 1/30 asahi.com

 産婦人科医の8.4%が気分障害や不安障害を抱えている可能性がある。医療事故や紛争などを経験した産婦人科医は8割いた。30日開かれた日本産科婦人科学会のフォーラムでそんな調査結果が報告された。
 同学会は2009年末から10年春にかけ、会員の産婦人科医を対象に労働環境や私生活などを調べた。1300人から回答があった。
 女性医師の7.7%、男性医師の8.9%が、臨床的に問題になるほどの気分障害や不安障害があると判定された。職業を限定しない日本人一般を対象にした同じ検査では1.8%で、それよりも高率だった。
 気分障害や不安障害は、年収の少なさ、勤務時間や当直など労働量の多さのほか、仕事で自己決定ができない、子どもが少ない、といった項目と相関関係があった。仕事への満足感とは、逆の相関関係があった。
 このほか、医療事故や紛争を経験して悩んだことがあると回答した医師はほぼ8割。裁判経験がある医師は女性13%、男性26%だった。
 【関連記事】「医師 増える過労死 「当直」違法状態 2007/12/13 YOMIURI ONLINE」 / 「今年急増、医師の過労死6人…背景に医師不足・負担ピーク 2007/12/13 YOMIURI ONLINE」 / 「労基立ち入りの病院・診療所、8割超で違法行為 2007/11/14 YOMIURI ONLINE」 / 「女医の過労自殺、四国の病院に対し賠償責任認める初判決 2007/ 5/28 YOMIURI ONLINE」 / 「女性研修医の過労自殺、労基署が労災認定…日大付属病院 2007/ 4/17 YOMIURI ONLINE」 / 「小児科医の過労自殺訴訟、厚労省が控訴断念 労災認定へ 2007/ 3/28 asahi.com」 / 「小児科医自殺、過労が原因の労災と認定 東京地裁 2007/ 3/14 asahi.com」 / 「勤務医「1か月休みなし」が27%…医労連調査 2007/ 2/19 YOMIURI ONLINE」 / 「病院勤務医の労働時間、週60時間超 厚労省が実態調査 2006/ 4/17 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/全日空の12年春採用、卒業1年以内も新卒扱いに(20110129) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ/協会けんぽ、都道府県別の保険料率9.50%に上昇(20110201) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/50744333

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 労働問題/産婦人科医の1割、気分障害や不安障害に悩む 学会調査(20110130):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/全日空の12年春採用、卒業1年以内も新卒扱いに(20110129) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ/協会けんぽ、都道府県別の保険料率9.50%に上昇(20110201) »