« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/朝鮮学校無償化、動向(20110209) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 国民健康保険法/国保納付率が最低に 09年度88.01%、景気低迷で 厚労省調べ(20110204) »

2011.02.07

【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度/国民負担率、11年度38.8%に上昇 税収増で 租税負担率は先進国で最低(20110204)

国民負担率、11年度38.8%に上昇 税収増で 租税負担率は先進国で最低 2011/ 2/ 4 日本経済新聞

 財務省は4日、国民所得に占める税と社会保障負担の割合を示す国民負担率が2011年度に38.8%となり、10年度に比べて0.1ポイント上昇する見通しと発表した。景気回復に伴う税収増によって租税負担率が微増するため。中長期的にみると社会保障負担率は上昇傾向にあるが、租税負担率はバブル期をピークに低下しており、先進国で最低レベルにある。
 社会保障負担率は16.8%で前年度比横ばい、租税負担率は22%と0.1ポイント上昇。保険料などの社会保障負担は給付に連動して増え続けており、比較可能な1970年度以降では10年度に続き最高を記録した。
 国民負担率を諸外国と比べると、経済協力開発機構(OECD加盟34カ国中、比較可能な30カ国の中では、24番目。フランス61.1%(08年実績、以下同じ)、スウェーデン59%、英国46.8%、ギリシャ46.1%などより低く、韓国35.4%、米国32.5%などを上回る。租税負担率は30カ国の中で最も低い。
 国民負担率に将来の国民負担となる財政赤字を加えた「潜在的な国民負担率」は49.8%と前年度比では0.8ポイント低下。3年ぶりに50%を下回るものの、中長期的には上昇し続けており、米国の39.9%などより高い水準にある。
 【関連記事】「【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度/2010年度国民負担率 39%に微増(20100211)」 / 「社会保障の生涯負担、世代間の差深刻に 内閣府研究所試算 2009/ 7/11 NIKKEI NET」 / 「所得に占める税・社会保障費、国民負担率が初の40%突破 2008/ 1/24 NIKKEI NET」 / 「国民負担率 最高の39.7% 2007/ 1/25 YOMIURI ONLINE」 / 「2025年の社会保障2割減・負担率50%維持で財務省試算 2004/10/ 6 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/朝鮮学校無償化、動向(20110209) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 国民健康保険法/国保納付率が最低に 09年度88.01%、景気低迷で 厚労省調べ(20110204) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/50800237

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度/国民負担率、11年度38.8%に上昇 税収増で 租税負担率は先進国で最低(20110204):

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/朝鮮学校無償化、動向(20110209) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 国民健康保険法/国保納付率が最低に 09年度88.01%、景気低迷で 厚労省調べ(20110204) »