« 【社労士】雇用保険法 > 雇用二事業/求職者の職業訓練 サボりには罰則強化 審議会答申(20110201) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/賃上げ要求、ホンダ労組も2年連続で断念(20110202) »

2011.02.02

【社労士】雇用保険法 > 失業給付/雇用保険料、据え置き 11年度1.2% 厚労省方針(20110201)

雇用保険料、据え置き 11年度1.2% 厚労省方針 2011/ 2/ 1 日本経済新聞

 厚生労働省は1日、失業手当などに充てる雇用保険について、保険料率を2011年度は1.2%に据え置く方針を決めた。労働者・使用者それぞれ0.6%ずつ支払う。これに事業主のみが負担する雇用保険2事業の分も合わせ、合計の雇用保険料率は1.55%になる。失業手当の下限額の引き上げも実施する。
 同日開いた労働政策審議会(会長・諏訪康雄法政大教授)は保険料率据え置きなどを妥当とする答申を出した。これを踏まえ厚労省は雇用保険法などの改正案を作成し、今年の通常国会に提出する。
 保険料率の労使折半部分は原則として1.6%だったが、10年度は1.2%に引き下げられていた。この保険料率を11年度も継続する。また12年度以降は法定された本来の保険料率も見直し、1.6%から1.4%にする。景気動向によって、弾力的に最大1.0%まで引き下げることもできるようにする。
 失業給付は引き上げる。算定の基礎となる賃金の下限額を日額2000円から2320円にする。この結果、失業による基本手当の日額は最低で1600円から1856円に上昇する。早期に再就職した人に支給する手当も増やし、失業期間が短くなるよう政策的に促す。
 一方で雇用保険法は失業給付などへの国庫負担を本則で25%と定めているが、現在は13.75%になっている。これについて労政審は「引き続き検討し、できるだけ速やかに法律の本則に戻すべきだ」との見解を示した。
 【関連記事】「失業手当引き上げ提案、実現なら5年ぶり 厚労省審議会 2010/12/23 asahi.com」 / 「失業給付、6年ぶり高水準 09年度、4~12月で1兆円超に 2010/ 3/ 8 NIKKEI NET」 / 「失業手当の受給者急増 3千億円追加投入方針 補正予算 2009/12/ 3 asahi.com」 / 「雇用保険、適用範囲拡大で1500億円の財政負担増 厚労省試算 2009/11/19 NIKKEI NET」 / 「雇用保険料率、1.2%に上げ 労使が大筋合意 2009/10/28 NIKKEI NET」 / 「雇用対策資金、残高3分の1に 労働保険特会、09年度補正後 2009/ 6/28 NIKKEI NET」 / 「改正雇用保険法成立  2009/ 3/27 NIKKEI NET」 / 「「雇用保険料引き下げやむを得ず」 厚労省が報告書素案  2008/12/17 NIKKEI NET」 / 「雇用保険料率、来年度に限り0・8%へ引き下げ容認…厚労省 2008/12/17 YOMIURI ONLINE」 / 「雇用保険料率下げ、年内に結論 労政審 2008/11/11 NIKKEI NET」 / 「雇用保険料率0.8%に 厚労省が提示 追加経済対策に明記へ 2008/10/29 NIKKEI NET

|

« 【社労士】雇用保険法 > 雇用二事業/求職者の職業訓練 サボりには罰則強化 審議会答申(20110201) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/賃上げ要求、ホンダ労組も2年連続で断念(20110202) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/50753643

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】雇用保険法 > 失業給付/雇用保険料、据え置き 11年度1.2% 厚労省方針(20110201):

« 【社労士】雇用保険法 > 雇用二事業/求職者の職業訓練 サボりには罰則強化 審議会答申(20110201) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/賃上げ要求、ホンダ労組も2年連続で断念(20110202) »