« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就活開始「3年終了後が基本」大学側、初の見解(20110126) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/派遣労働者11万人減少 昨年6月現在145万人(20110119) »

2011.01.27

【社労士】社会一般常識 > 少子化対策/婚活イベント女性が殺到、和歌山市主催に安心感(20110126)

婚活イベント女性が殺到、和歌山市主催に安心感 2011/ 1/26 YOMIURI ONLINE

 和歌山市が今年度始めた婚活イベントが盛況を見せている。
 特に女性に人気で9回(開催前も含む)のイベントに定員を上回る計465人が応募し、男性の計約230人の2倍となる勢いだ。多彩なメニューと、市のお墨付きという安心感が女性のニーズをとらえたようで、市こども家庭課は「次は男性に視点を置いたものを企画したい」と、来年度もイベントを継続する方針。
 市は今年度、婚姻数の減少に歯止めをかけようと、「出会いの場創設事業」として約250万円を予算計上し、婚活イベントを民間3社に業務委託した。
 昨年10月に1回目のイベントを行い、以降、月1、2回開催している。参加者は20歳代、30歳代が中心で定員は1回につき男女各20~50人程度。ホテルでスイーツバイキングや、陶芸教室、メイクアップセミナー受講後のパーティーなど、様々なメニューをそろえた。
 その結果、全ての回で女性の応募数が定員の2倍近くになり、市の担当者は「おしゃれなものが多く、女性の好みに合った」と分析。「若い男性が大阪など市外に働きに出ていることもあって、女性の方が出会いの機会が少ない。アクティブにならざるを得ないのでは」と指摘する。
 カップル成立の確率が高いことも人気を後押し。結果を集計した初回から4回までのイベントでは4人に1人がカップルに。市は申し込みの段階で、独身を証明する身分証明書、誓約書などの提出を求めており、担当者は「本気で真摯な付き合いを望んでいる人が多く来てくれる」と明かす。
 過疎地の町などが婚活イベントを主催することは多いが、人口約37万人の中核市が行うのは全国でも珍しく、市は「行政側が最大限リスク管理をすることで、市民に安価で安心して参加してもらえる」とする。京都、奈良、神戸市などからの視察や問い合わせが相次いでいるという。
 来年度は、男性をより多く呼び込むことが課題。担当者は「グループでの申し込みを可能にしたり、スポーツやアウトドアを取り入れたりして、参加しやすい環境を整えたい」と話す。
 和歌山市の婚姻数は1999年は2450件だったが、2009年は1974件にまで落ち込んでいる。
 【関連記事】「福島県「婚活」HP開設へ…少子化対策に本腰 2010/ 5/30 YOMIURI ONLINE」 / 「「婚活」後押し、自治体が懸命 都市部でも事業化 2009/ 8/29 NIKKEI NET」 / 「新入社員3割「婚活しないと結婚できない」 2009/ 6/30 YOMIURI ONLINE」 / 「結婚で幸せに? 独身女性の4割「悲観」・日経ウーマン調査 2007/ 6/ 7 NIKKEI NET」 / 「幸つかみ 共に歩むは 愛の園・・・結婚願望、働く独身者の8割超 2006/11/17 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就活開始「3年終了後が基本」大学側、初の見解(20110126) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/派遣労働者11万人減少 昨年6月現在145万人(20110119) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/50698823

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策/婚活イベント女性が殺到、和歌山市主催に安心感(20110126):

» ネット婚活ブログ [ネット婚活deブログ]
インターネットのすさまじさを実感したものそれが「ネットで婚活」です。いきなり「何のこっちゃ?」な出だしですが、インターネットがなければ、きっと出会えなかったということなんです。インターネットの情報量に感謝!!気になる方は、検索エンジンで「ネットで婚活」で検索していただくか、ネットで「婚活」のページを見て下さいね。とにかく、びっくりしました・・・。「婚活」という言葉がいま、話題になっています。 いまの時代は、自ら結婚活動しないと結婚できない時代になっているということなのでしょう..... [続きを読む]

受信: 2011.01.28 11:10

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就活開始「3年終了後が基本」大学側、初の見解(20110126) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/派遣労働者11万人減少 昨年6月現在145万人(20110119) »