« 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/ゼンセン同盟、賃金1%上げ要求(20110120) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/卒業3年内なら新卒採用 東電、12年入社から実施(20110121) »

2011.01.25

【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/採用選考「大学4年8月から」 同友会代表幹事が提案(20110120)

採用選考「大学4年8月から」 同友会代表幹事が提案  経団連案「一段の見直し必要」  2011/ 1/20 日本経済新聞

 大学生の就職活動が長期化している問題で、経済3団体のスタンスが微妙に異なっている。会社説明会などの開始時期を現状より約2カ月遅い大学3年の12月とするよう企業に求めるのが日本経団連案。日本商工会議所と経済同友会は20日、それぞれ「一段の見直しが必要」との見解を示した。
 経済同友会の桜井正光代表幹事は20日の講演で、会社説明会などの広報活動について、経団連より3カ月遅い大学4年生になる直前の3月とする案を提示。試験・面接などの選考は大学4年8月からとすべきだとした。経団連の見直し策に比べ踏み込んだ内容だ。
 経団連は「企業が守れる最大公約数」(米倉弘昌会長)の見直しにとどめざるを得なかった。採用期間の短縮で、人材確保が困難になることに対する企業の採用担当者からの反発が大きかったともいわれる。
 同友会は経営者個人が会員となる組織。桜井氏に代わって4月に代表幹事に就任する武田薬品工業の長谷川閑史社長も製薬業界で独自の対応策をまとめた。個人の見解を打ち出しやすい同友会ならではの提案だ。
 岡村正日商会頭は同日の記者会見で「就職活動が1年半に及ぶのは問題」として、桜井代表幹事の見直し案にほぼ同調したが、ここでは会員中小企業の思惑もにじむ。
 現在の学生は大企業偏重で、中小企業の就職活動を大企業の後に始めるのが一般的。日商から見れば就職活動期間の短縮で、大企業と中小企業を同じ時期に受ける学生が増え、結果的に優秀な人材が中小企業に入るのでは、との期待感もある。
 【関連記事】「【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/「就活は3年生の12月以降に」 経団連が正式決定(20110113)」 / 「新卒向け会社説明会遅らせて 経団連が企業へ要請検討 2011/ 1/ 6 asahi.com」 / 「大手商社、採用活動を4年生の夏以降に 13年春入社の大学新卒から 学業への影響に配慮 2010/10/ 6 日本経済新聞」 / 「大学3年、はや「就活」スタート 大阪で企業合同説明会 2010/ 6/ 2 asahi.com」 / 「11年春の大卒生、内定率47.8% 文系学生の苦戦続く 2010/ 5/19 日本経済新聞」 / 「【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/来春の大卒求人、2年連続悪化(20100421)」 / 「大卒求人の撤回企業相次ぐ 11年春採用、業績低迷で 2010/ 3/ 6 asahi.com」 / 「【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/正社員採用なし企業 最悪の47.5%(20100304)

|

« 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/ゼンセン同盟、賃金1%上げ要求(20110120) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/卒業3年内なら新卒採用 東電、12年入社から実施(20110121) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/50682078

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/採用選考「大学4年8月から」 同友会代表幹事が提案(20110120):

« 【社労士】労働一般常識 > 春季労使交渉/ゼンセン同盟、賃金1%上げ要求(20110120) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/卒業3年内なら新卒採用 東電、12年入社から実施(20110121) »