« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/新卒向け会社説明会遅らせて 経団連が企業へ要請検討(20110106) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金構造基本統計調査/2010年の所定内給与、31道府県で増加(20110111) »

2011.01.17

【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/学生、大手志向強める 商社や銀行の順位上昇(20110111)

学生、大手志向強める 商社や銀行の順位上昇 民間が志望企業調査 2011/ 1/11 日本経済新聞

 就職情報会社のダイヤモンド・ビッグアンドリード(東京)が11日発表した2012年春に就職する大学生の人気企業ランキングによると、文系男子の1位は5年連続で三菱商事となり、大手商社やメガバンクの順位上昇が目立った。景気の先行き不透明感から、安定を求める大手志向がさらに強まる結果となった。
 文系男子の2位は三菱東京UFJ銀行、3位に昨年13位だった住友商事が入り、みずほフィナンシャルグループも14位から5位に躍進した。また横浜銀行、千葉銀行といった地銀も大幅に順位を上げた。
 一方、文系女子は出産・育児で退職した社員の再雇用など、女性支援制度の充実をうたう丸紅や大和証券グループなどが、順位を大きく上げて10位入りした。
 理系男子の1位は東芝、2位がソニー。日本人採用を減らし外国人の割合を増やす方針を打ち出したパナソニックは、2位から11位へ後退した。理系女子の上位3社は明治グループ、ロッテ、味の素。不況に強いとされる食品業界が占めた。
 ダイヤモンド社は「企業の新卒採用には改善の兆しがあるのに、学生は危機感から安定志向を強めており、両者の思惑に食い違いが生じている」と指摘している。
 【関連記事】「【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就職先人気企業ランキング(20100407)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就職先人気企業ランキング(20100311)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/就職先人気企業ランキング(20100112)」 / 「就職人気ランキング、トヨタ7位に陥落・日産は57位 2009/ 3/12 YOMIURI ONLINE」 / 「大学生の志望企業 1位ANA、金融は10位圏外に 楽天系調べ 2009/ 2/27 NIKKEI NET」 / 「総合商社が堅調、自動車は大幅ダウン…就職人気ランキング 2009/ 1/13 YOMIURI ONLINE」 / 「大学生の志望企業、三菱UFJが首位 民間調査  2009/ 1/13 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/新卒向け会社説明会遅らせて 経団連が企業へ要請検討(20110106) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金構造基本統計調査/2010年の所定内給与、31道府県で増加(20110111) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/50610296

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/学生、大手志向強める 商社や銀行の順位上昇(20110111):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/新卒向け会社説明会遅らせて 経団連が企業へ要請検討(20110106) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金構造基本統計調査/2010年の所定内給与、31道府県で増加(20110111) »