« 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定/連続深夜勤でうつ病発症認めず 東京高裁、原告逆転敗訴(20110121) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/採用基準はTOEIC730点 武田が13年春新卒入社から(20110123) »

2011.01.25

【社労士】労働安全衛生法 > 健康診断/メタボ指導、最後まで終了13%どまり 09年度健診(20110121)

メタボ指導、最後まで終了13%どまり 09年度健診  2011/ 1/21 日本経済新聞

 2009年度に特定健診(メタボ健診)を受け、基準を上回ったため特定保健指導の対象となった人のうち、最後まで終了したのは13.0%にとどまることが21日、厚生労働省のまとめ(速報値)で分かった。制度が始まった前年度より微増したが、「メタボ」などと診断されても1割強しか指導を終えていない状況が続いている。
 特定健診は内臓脂肪(メタボリック)症候群を改善して生活習慣病を予防するため、各保険者に08年度から40~74歳を対象に健診と保健指導の実施が義務づけられた。
 同省によると、09年度に特定健診の対象者は約5220万人で受診者は2115万人(40.5%)で、実施率は前年度の38.9%より増加。
 受診者のうち、腹囲の基準(男性85センチ、女性90センチ)以上で、血圧や血糖、コレステロールの2つ以上が基準を上回る「メタボ」と診断されたのは約311万人(14.7%)だった。腹囲に加え、1つ以上が基準を上回る「予備軍」は約265万人(12.5%)だった。
 「メタボ」と「予備軍」のうち、服薬中の人などを除いた特定保健指導の対象者は約400万人だが、最後まで指導を受けたのは約52万人(13.0%)。
 特定健診の実施率は目標は7割だが、2年目も4割と低迷。組織別では中小企業のサラリーマンなどが加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)の30.3%が最も低く、自営業者などが加入する市町村国保も31.4%にとどまった。公務員などが加入する共済組合は65.4%、大企業のサラリーマンなどが加入する企業組合健保も63.3%に上っている。
 【関連記事】「メタボ健診、指導「終了」7%どまり 厚労省まとめ  2010/ 8/25 日本経済新聞」 / 「メタボ健診に効果 1年で平均1.7キロ減 全国調査 2010/ 7/27 asahi.com」 / 「メタボ健診受診率31.5% 協会けんぽ、国の目標下回る  2010/ 7/26 日本経済新聞」 / 「メタボ健診、受診低迷 初年度は目標割れ 2009/ 7/19 NIKKEI NET」 / 「がん検診 受診者減った 2009/ 3/ 3 YOMIURI ONLINE」 / 「がん検診の交付税倍増 総務省、受診率50%達成へ支援 2009/ 2/22 NIKKEI NET」 / 「がん対策「やる気」に地域格差 7府県で未策定 2008/ 5/11 asahi.com」 / 「「まずメタボ」 がん検診後回し 2007/11/19 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定/連続深夜勤でうつ病発症認めず 東京高裁、原告逆転敗訴(20110121) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/採用基準はTOEIC730点 武田が13年春新卒入社から(20110123) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/50682161

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働安全衛生法 > 健康診断/メタボ指導、最後まで終了13%どまり 09年度健診(20110121):

« 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労災認定/連続深夜勤でうつ病発症認めず 東京高裁、原告逆転敗訴(20110121) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/採用基準はTOEIC730点 武田が13年春新卒入社から(20110123) »