« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年11月失業率 5.1%、有効求人倍率 0.57倍(20101228) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度/「後期高齢者医療広域連合」、市町村と連携(20101228) »

2010.12.31

【社労士】労働一般常識 > 毎月勤労統計/現金給与総額、11月は0.2%減の27万7585円 賞与が減少(20101228)

現金給与総額、11月は0.2%減の27万7585円 賞与が減少 2010/12/28 日本経済新聞

 厚生労働省が28日午前発表した11月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、従業員1人当たり平均の現金給与総額は前年同月比0.2%減の27万7585円だった。減少は9カ月ぶり。年末賞与など「特別に支払われた給与」が1万4008円と11.2%減少したことが響いた。
 所定内給与は横ばいの24万4836円。残業代にあたる所定外給与は製造業などの時間外勤務が増えて6.0%増の1万8741円と11カ月連続で増加した。
 所定外労働時間は4.0%増の10.2時間と11カ月連続で増加。うち製造業の所定外労働時間は12.2%増の14.6時間だった。
 【関連記事】「残業代、5カ月連続増加 5月の勤労統計 2010/ 6/30

|

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年11月失業率 5.1%、有効求人倍率 0.57倍(20101228) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度/「後期高齢者医療広域連合」、市町村と連携(20101228) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/50452471

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 毎月勤労統計/現金給与総額、11月は0.2%減の27万7585円 賞与が減少(20101228):

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年11月失業率 5.1%、有効求人倍率 0.57倍(20101228) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度/「後期高齢者医療広域連合」、市町村と連携(20101228) »