« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 8月失業率 5.1%、有効求人倍率 0.54倍(20101001) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/派遣時給2年2カ月ぶりプラス 8月、事務職求人も増加(20101001) »

2010.10.03

【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度/年金型保険の二重課税、2000年以降分を還付 財務相発表(20101001)

年金型保険の二重課税、2000年以降分を還付 財務相発表 2010/10/ 1 日本経済新聞

 野田佳彦財務相は1日の閣議後の記者会見で、年金払い方式の保険商品に対する相続税と所得税の二重課税問題を巡って、徴収しすぎた所得税を還付する範囲を過去10年分とする方針を正式発表した。現行制度では還付の時効を5年と定めているが、2000年に納税した分までさかのぼって還付する。
 今月下旬からまず05年以降の納税分の還付手続きを開始。対象件数は6万~9万件で、総額60億~90億円に達する見込み。一方、04年以前分の還付は法改正が必要になるため、来春以降になる見通しだ。
 対象となるのは、生命保険会社、旧簡易保険、損害保険会社、共済などで取り扱っている年金払い方式の保険商品。(1)年金形式で受給している死亡保険金(2)学資保険の保険契約者の死亡に伴い受給する養育年金(3)個人年金保険契約に基づく年金――がある。
 05年以降分の所得税の還付は、今月下旬から始める。対象となる可能性のある契約者には保険会社などから通知するとともに、国税庁も電話相談や税務署窓口での相談を開始。同庁のホームページ上でも、還付の対象になるかどうかを簡単に判定できるコーナーを設けて対応する。
 04年以前に納めた所得税の還付については、具体的な還付方法などについて政府税制調査会で検討。来年の通常国会へ必要な法改正案を提出する。法案の成立後、すみやかに還付を開始する方針だ。
 【関連記事】「【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度/生命保険金二重課税問題(20100708)」 / 「【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度/生命保険金二重課税問題(20100707)

|

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 8月失業率 5.1%、有効求人倍率 0.54倍(20101001) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/派遣時給2年2カ月ぶりプラス 8月、事務職求人も増加(20101001) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/49637808

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度/年金型保険の二重課税、2000年以降分を還付 財務相発表(20101001):

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 8月失業率 5.1%、有効求人倍率 0.54倍(20101001) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/派遣時給2年2カ月ぶりプラス 8月、事務職求人も増加(20101001) »