« 【社労士】社会一般常識 > 少子高齢化問題/100歳以上不明、全国279人 兵庫・大阪などに集中(20100813) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/人材派遣の世界2位、フジスタッフにTOB(20100813) »

2010.08.15

【社労士】労働一般常識 > 労働問題/昇進遅れ・パワハラ… 国家公務員の悩み相談、過去最多(20100813)

昇進遅れ・パワハラ… 国家公務員の悩み相談、過去最多 2010/ 8/13 asahi.com

 「昇進が遅れた」「パワハラされた」――人事院が国家公務員から受けた人事にまつわる苦情や悩み相談が、2009年度に過去最多の延べ1344件(前年度比9%増)に上ったことが明らかになった。人事院は、能力・実績主義が浸透したことも背景の一つにあるとみており、「安定」が売りの公務員の世界も民間企業と同じく厳しさを増している様子がうかがえる。
 人事院によると、任用関係の相談は223件で、前年度比30%増だった。「同期が昇進しているのに自分だけ昇進できない」「望まない職場に異動させられた」といった相談が増えたという。
 パワーハラスメント関係は118件で同37%増。「辞職を強要されるような発言があった」などの相談が多かった。
 このほか「自分にばかり仕事が回される」など勤務時間・休暇関係は163件(同9%減)、「通勤手当が少なすぎる」といった給与関係は108件(同10%増)だった。非常勤職員からの相談が146件(同47%増)と大きく増えたのも特徴で、「契約が打ち切られた」といった任用関係の内容が最も多く、42件もあった。
 人事院公平審査局職員相談課は「年功序列が崩れて横並びの昇進がなくなってきているが、上司による成績評価の説明が十分でないことが多い。パワハラ関係は、相談しやすい環境になって表面化するケースが増えている」と分析している。
 【関連記事】「国家公務員の職場苦情相談が過去最多・・・定員削減影響? 2006/ 7/ 8 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子高齢化問題/100歳以上不明、全国279人 兵庫・大阪などに集中(20100813) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/人材派遣の世界2位、フジスタッフにTOB(20100813) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/49150124

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 労働問題/昇進遅れ・パワハラ… 国家公務員の悩み相談、過去最多(20100813):

« 【社労士】社会一般常識 > 少子高齢化問題/100歳以上不明、全国279人 兵庫・大阪などに集中(20100813) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/人材派遣の世界2位、フジスタッフにTOB(20100813) »