« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/ハローワークに「満足」8割強 厚労省が利用者調査(20100817) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/日産:派遣の直接雇用切り替え 事前面談で社員選考か(20100818) »

2010.08.18

【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革/年金施設の売却、2185億円止まり 費用の回収1~2割(20100818)

総額1兆4千億、売ったら2千億…年金施設 2010/ 8/18 YOMIURI ONLINE

 公的年金の保険料など約1兆4000億円をつぎ込んで整備した全国301の福祉施設を国が売却したところ、回収できた金額は2割に満たない2221億円にとどまったことが17日、明らかになった。売却を進めてきた厚生労働省所管の独立行政法人「年金・健康保険福祉施設整理機構」(RFO)が発表した。この結果、約1兆2000億円もの保険料が、年金給付以外の目的によって回収不能の損失となった。保険料の無駄遣いに批判が強まりそうだ。
 売却されたのは、大ホールや宿泊施設を備えた厚生年金会館、体育館やプールがある健康福祉センター(サンピア)、老人ホームなど。年金加入者の福祉向上を目的として、高度経済成長期を中心に建設が進んだ。だが、累積赤字を抱える施設が続出した上に、民間施設との競合も問題化。保険料の無駄遣いだという批判が強まり、2004年に当時の自公政権が売却の方針を決めていた。
 RFOは今月初めまでに全301施設の売却を完了した。売却総額の2221億円は、国が05年に施設をRFOに移管した時点の評価額を206億円上回った。
 最高額で売却されたのは東京厚生年金会館(東京都新宿区)の120億円。逆に最も売却額が低かったのは、鳥取県湯梨浜町の老人ホーム「鳥取ふじつ荘」(400万円)。山形市の保養施設「ロッジZAOドッコ沼」など2000万円台の6施設が続いた。
 地方にある小規模で老朽化した施設は売却額が低くなったほか、「サンピアなど地方の大規模保養施設は売りにくく、大幅に損が出た。それだけの保険料でやる施設だったか疑問がある」(RFOの水島藤一郎理事長)という。
 売却先は、札幌市の北海道厚生年金会館(28億5230万円)など17施設が地方自治体だったほかは、すべて不動産会社などの民間法人か個人だった。
 このほか、厚生年金病院と社会保険病院計63施設もRFOに移されたが、政府は既に売却された社会保険浜松病院(静岡県浜松市)以外は、売却せず地域医療の拠点として存続させる方針を決めている。

年金施設の売却、2185億円止まり 費用の回収1~2割 2010/ 8/17 日本経済新聞

 独立行政法人、年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)は17日、政府が年金と健康保険の保険料を使って整備した福祉施設を売却し、2185億円を回収したと発表した。経費などを除いた国庫への納付額は総額2023億円になる見通し。政府が建設と維持費に充てたのは1兆1300億円で、その2割程度しか回収できなかった計算だ。保険料による施設整備について、かねて「ムダ遣い」とする批判があったが、それを裏付けたといえそうだ。
 RFOは、国の指示を受け、民間企業や個人、自治体を対象に300施設の売却を進め、8月4日に全施設の売却契約を結んだ。売却総額は2185億円。これらの施設の国有財産台帳価格は6562億円だったが、2001億円に時価評価した形で政府から現物出資を受けており、RFOとしては184億円の売却益を上げたと説明している。
 政府は1960年から2000年ごろにかけて「福祉の増進」を目的に、全国各地に福祉施設として厚生年金会館やスポーツセンター、健康保養センターなどを建設した。年金保険料などから建設費や運営・維持費を出してきた。
 保険料のムダ遣い批判を受け、政府は施設を売却する方針に転換。05年10月にRFOを設立し、300施設を移していた。
 この300施設の売却が終わったことで、次の焦点は、旧社会保険庁の傘下にあった社会保険病院と厚生年金病院の扱いに移る。これらの施設は、08年の旧自公政権時代にRFOに移したものの、地域医療に与える影響を考慮して事実上売却を凍結。経営が立ちゆかなくなった社会保険浜松病院のみ厚労相の指示で36億円で売却した。残りの52の社保病院と10の厚年病院は宙に浮いたままだ。
 昨年の政権交代後、長妻昭厚労相は新たな受け皿となる独立行政法人を設立し公営を維持する考えだったが、法案は廃案となった。与野党で協議し、国会で自民党案を丸のみする形でRFOの存続期間を2年間だけ延ばした。ひとまず落ち着いたが、2年後は病院の運営母体がなくなるため、医療現場では先行きの不透明感が漂う。
 長妻厚労相は8月6日の記者会見で「今後は地元の自治体のヒアリングをしていく。どういう枠組みが適切かは検討課題にしていく」と述べるにとどめた。
 【関連記事】「年金施設売却、回収1割どまり 建設費1.5兆円 2010/ 8/ 2 asahi.com」 / 「年金・健康保険料でつくった施設、売却額1000億円突破 2008/10/12 NIKKEI NET」 / 「年金・健保施設の売却額、簿価を1297億円下回る 2007/ 4/24 NIKKEI NET」 / 「年金施設売却差益133億円、年金・健保整理機構  2007/10/13 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/ハローワークに「満足」8割強 厚労省が利用者調査(20100817) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/日産:派遣の直接雇用切り替え 事前面談で社員選考か(20100818) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/49177789

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革/年金施設の売却、2185億円止まり 費用の回収1~2割(20100818):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/ハローワークに「満足」8割強 厚労省が利用者調査(20100817) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/日産:派遣の直接雇用切り替え 事前面談で社員選考か(20100818) »