« 【社労士】社会一般常識 > 厚生労働白書/厚労白書に「長妻色」、冒頭に薬害肝炎で謝罪・反省(20100827) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子高齢化問題/高齢者の所在不明問題で年金支給適正化など実施 官房長官(20100827) »

2010.08.29

【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当、3歳未満世帯で負担増に 民主政調試算(20100827)

子ども手当、手取り額半分以下世帯も 政権交代前と比べ 2010/ 8/27 asahi.com

 民主党の「子ども・男女共同参画調査会」(小宮山洋子会長)は27日、2011年度~13年度の子ども手当の実質手取り額の試算をまとめた。扶養控除が廃止されるため、年収800万円で3歳未満の子どもがいる世帯では、自公政権時代の仕組みと比べて最大で半分以下になる。子どものいる世帯全体の1~2割が減額になるため、党内から手当の増額論が強まる可能性もある。
 調査会は、マニフェストに沿って来年度から手当を増額するかどうかを検討している。10月までに方向性を決める方針だ。
 試算は、両親と子ども1人の3人家族を想定。子ども手当が現行の月額1万3千円のまま、所得税と住民税の15歳以下の扶養控除が11年度から順次廃止された場合の実質手取り額を算出した。
 その結果、政権交代を受けて創設した子ども手当の代わりに廃止した児童手当(3歳未満は月額1万円)に比べ、年収800万円で3歳未満の子どもがいる世帯では、11年度は月3千円減、12年度からは月6千円減だった。年収500万円だと12年度から月2千円減、年収300万円だと12年度から月1千円減だった。
 減額世帯をなくすためには、子ども手当を月額6千円増やす必要があり、子どもが3歳未満で年収800万円以下の世帯に限って増額しても2千億~3千億円の財源が新たに必要になるという。小宮山氏は「経済的理由で子どもが持てないという要因を解消するためにはマイナス世帯をなくしたいが、財源不足の中で苦しい」と話している。

子ども手当、6千円増やさないと減収世帯も 2010/ 8/27 YOMIURI ONLINE

 民主党の子ども・男女共同参画調査会(会長・小宮山洋子衆院議員)は27日、所得税などの扶養控除廃止で減収になる世帯をなくすためには、月額1万3000円(中学生以下1人あたり)の子ども手当を6000円以上増額する必要があるとする試算を発表した。
 10月に報告書にまとめ、政府に支給額の上積みを求める方針だ。6000円の上積みには、約1・2兆円の財源が必要と見ている。
 15歳以下の子どもを持つ世帯を対象とした扶養控除は、所得税が2011年1月から、住民税が12年6月から廃止になる。試算では、双方の扶養控除廃止後も支給額を1万3000円に据え置いた場合、子どものいる家庭1世帯(父母と3歳未満の子ども1人)あたりの実質手取り額は、年収800万円の世帯で月6000円、500万円の世帯で月2000円減るとしている。

href="http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E0E5E2E09B8DE0E5E2EAE0E2E3E28297EAE2E2E2;at=DGXZZO0195164008122009000000">子ども手当、3歳未満世帯で負担増に 民主政調試算 2010/ 8/27 日本経済新聞

 民主党は27日、月額1万3000円の子ども手当について、導入前と導入後の世帯の手取り額の変化を試算した。所得税や住民税の扶養控除が縮小される2012年度以降は、3歳未満の幼少期の子どもを抱える家庭の多くが負担増となることが分かった。
 試算によると、3歳未満の子どもが1人いる年収800万円の世帯は11年度に月額3000円、12年度以降は6000円の負担増となる。年収500万円の世帯は12年度から2000円、年収300万円では1000円負担が増える。13年度には年収1500万円の世帯でも若干、負担が増す。
 一部世帯の負担が増えるのは、子ども手当の導入に伴い、児童手当や15歳以下の子どもがいる世帯に適用する扶養控除(年少扶養控除)を廃止するためだ。所得税の年少扶養控除は11年1月から、住民税の同控除は12年6月からの廃止が決まっている。3歳未満の子どもを持つ家庭の多くは従来月1万円の児童手当を受給しており、控除廃止による増税の影響が特に大きい。
 試算を踏まえ、民主党政調の「子ども・男女共同参画調査会」(小宮山洋子会長)が10月中に対策をとりまとめる。手当の増額など負担増世帯への補てんに必要な予算額は2000億~3000億円に上るという。
 【関連記事】「子ども手当の上積み分、金額示さず 厚労省概算要求 2010/ 8/21 asahi.com」 / 「子ども手当の現金上積み額、概算要求盛らず 厚労相 2010/ 8/10 日本経済新聞」 / 「【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当「5千円程度上積み当然」…城島氏(20100808)」 / 「【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/厚労相、子ども手当増額めざす(20100803)」 / 「【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/長妻厚労相 子ども手当満額支給「非常に難しい」(20100609)」 / 「子ども手当満額断念、民主が参院選公約原案 2010/ 5/10 YOMIURI ONLINE」 / 「【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当 一部現物支給を提言(20100508)」 / 「子ども手当「現金で2万6千円」 厚労相が強調 2010/ 4/30 asahi.com」 / 「子ども手当満額支給、民主参院選公約に明記へ 2010/ 4/27 YOMIURI ONLINE」 / 「2万円?満額?金券?子ども手当で民主大もめ 2010/ 4/25 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 厚生労働白書/厚労白書に「長妻色」、冒頭に薬害肝炎で謝罪・反省(20100827) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子高齢化問題/高齢者の所在不明問題で年金支給適正化など実施 官房長官(20100827) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/49286141

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当、3歳未満世帯で負担増に 民主政調試算(20100827):

« 【社労士】社会一般常識 > 厚生労働白書/厚労白書に「長妻色」、冒頭に薬害肝炎で謝罪・反省(20100827) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子高齢化問題/高齢者の所在不明問題で年金支給適正化など実施 官房長官(20100827) »