« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 7月失業率 5.2%、有効求人倍率 0.53倍(20100827) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当、3歳未満世帯で負担増に 民主政調試算(20100827) »

2010.08.29

【社労士】社会一般常識 > 厚生労働白書/厚労白書に「長妻色」、冒頭に薬害肝炎で謝罪・反省(20100827)

年金問題に反省…「長妻」色の厚生労働白書 2010/ 8/27 YOMIURI ONLINE

 厚生労働省は27日、2010年版の厚生労働白書を公表した。
 冒頭で年金記録問題などに反省を表明しているほか、厚労行政に関する「いろはカルタ」を付録に盛り込むなど、長妻厚生労働相の意向が色濃く反映される内容となった。
 白書は全406ページで、昨年版の1・6倍の分量。まず4分の1に当たる100ページを「厚生労働省改革元年」と題した第1部に充て、長妻氏が野党時代に追及した記録問題の経緯や原因を記載し、日本年金機構で現在行っている取り組みを紹介している。第2部は、厚労行政の紹介に充てた。

厚労白書に「長妻色」、冒頭に薬害肝炎で謝罪・反省 2010/ 8/27 日本経済新聞

 長妻昭厚生労働相は27日の閣議に2010年版の厚生労働白書を報告した。今年の表題は「厚生労働省改革元年」。旧社会保険庁の不祥事や薬害肝炎問題についての謝罪と反省を冒頭に明記する異例の内容で、厚労省改革への取り組みを前面に出した内容となった。
 「率直におわびを申し上げます」――。白書は「はじめに」で年金記録問題と薬害肝炎を例示し、国民の信頼を失ってしまった事態を謝罪。続く第1章「厚生労働省の反省点」で使命感や責任感の欠如を認め、不信感の一掃に向けて「地道な努力を重ねていく決意」を表明した。
 巻末に「厚生労働カルタ」を掲載したのも特徴だ。「安心し 働くために 労災保険」「無償です 医療の明細書 確認下さい」など。自らのホームページ上で政治姿勢をカルタで示している長妻厚労相の指示によるもの。厚労省の仕事を国民に広く知ってもらうのが狙いといい、切り取ってカルタ遊びができる。
 社会保障政策の方向性では、労働市場、地域社会、家庭への参加を促すことを政策目的とする「参加型社会保障」の確立をうたった。従来の社会保障を「消費型・保護型」と位置付け、「消費されるだけで、何も生み出さない」と指摘。今後は本人の能力を最大限に引き出すことで、経済成長と両立させることを目指すという。
 厚労相は当初、少子高齢化の進展に対応するための社会のあり方を「少子高齢社会の日本モデル」として掲載する方針だったが、政府内での調整がつかず、在宅医療や保育の先進例など参考事例だけを掲載した。
 【関連記事】「厚労白書、巻頭で「反省」 巻末には「お仕事カルタ」 2010/ 5/27 asahi.com」 / 「経済・雇用危機、自力で立ち上がる助けを 厚労白書 2009/ 8/25 asahi.com」 / 「2008年版厚労白書を閣議報告 2008/ 8/ 5 YOMIURI ONLINE」 / 「重要な社会保障「老後の所得保障」72%で最多 厚生労働白書 2008/ 8/ 5 NIKKEI NET」 / 「社会保障に経済効果…厚労白書08年原案 2008/ 7/27 YOMIURI ONLINE」 / 「厚生労働白書:1人暮らし世帯対策の必要性指摘 2008/ 7/24 毎日jp」 / 「社会保障の効果「成長支える」厚労白書原案で強調 2008/ 7/23 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 7月失業率 5.2%、有効求人倍率 0.53倍(20100827) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当、3歳未満世帯で負担増に 民主政調試算(20100827) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/49286377

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 厚生労働白書/厚労白書に「長妻色」、冒頭に薬害肝炎で謝罪・反省(20100827):

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 7月失業率 5.2%、有効求人倍率 0.53倍(20100827) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当、3歳未満世帯で負担増に 民主政調試算(20100827) »