« 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/介護報酬は払い過ぎ?適正? 社保審が自治体からヒアリング(20100820) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/首相直属の雇用対策特命チーム設置へ 24日初会合(20100821) »

2010.08.22

【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当の上積み分、金額示さず 厚労省概算要求(20100821)

子ども手当の上積み分、金額示さず 厚労省概算要求 2010/ 8/21 asahi.com

 厚生労働省の来年度予算の概算要求項目が固まった。子ども手当は現行の半額(月額1万3千円)支給に必要な国庫負担分にとどめ、上積み分は金額を示さない事項要求とする。「特別枠」では、新規で高齢者の生活を支える介護ロボットの実用化を目指す事業などを盛り込む。24時間対応の介護・看護サービスへの助成制度も導入。高齢化社会への対応策を新成長戦略に結びつけた形で要求する。
 概算要求は今月末に提出。前年度比の予算額を1割カットした財源をもとにする厚労省分の特別枠は、総額約1300億円になる。
 子ども手当の財源については、現行の自治体や企業の負担も残す前提で、年末の予算編成に向けて調整する。
 介護ロボットは、菅内閣が6月に作成した新成長戦略で「研究開発・実用化を促進」と明記された。来年度は特別養護老人ホームなど介護施設を対象に試験的に実施。利用者側の視点で使い勝手を評価してもらうことで製品化を早める狙いだ。課題だった研究開発と介護現場との連携を強化し、実用化を目指す。
 高齢者の在宅生活を支える24時間型の「地域巡回型訪問サービス」を行う事業所に対する助成も行う。モデル事業として先行実施し、対象を拡大したうえで、介護報酬改定の中で新たな介護サービスとしていく考えだ。
 このほか、子宮頸(けい)がんを予防するワクチンの公費助成に約150億円を要求する。
 【関連記事】「子ども手当の現金上積み額、概算要求盛らず 厚労相 2010/ 8/10 日本経済新聞」 / 「【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当「5千円程度上積み当然」…城島氏(20100808)」 / 「【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/厚労相、子ども手当増額めざす(20100803)」 / 「【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/長妻厚労相 子ども手当満額支給「非常に難しい」(20100609)」 / 「子ども手当満額断念、民主が参院選公約原案 2010/ 5/10 YOMIURI ONLINE」 / 「【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当 一部現物支給を提言(20100508)」 / 「子ども手当「現金で2万6千円」 厚労相が強調 2010/ 4/30 asahi.com」 / 「子ども手当満額支給、民主参院選公約に明記へ 2010/ 4/27 YOMIURI ONLINE」 / 「2万円?満額?金券?子ども手当で民主大もめ 2010/ 4/25 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/介護報酬は払い過ぎ?適正? 社保審が自治体からヒアリング(20100820) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/首相直属の雇用対策特命チーム設置へ 24日初会合(20100821) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/49217075

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当の上積み分、金額示さず 厚労省概算要求(20100821):

« 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/介護報酬は払い過ぎ?適正? 社保審が自治体からヒアリング(20100820) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/首相直属の雇用対策特命チーム設置へ 24日初会合(20100821) »