« 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/いすゞ、期間工の採用再開 関東2工場で90人(20100816) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護/生活保護で事前審査、伊東市に厚労省是正指導(20100817) »

2010.08.18

【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/医学部の地域枠、16大学定員割れ(20100817)

医学部の地域枠、16大学定員割れ 2010/ 8/17 YOMIURI ONLINE

 地域の医師不足解消を目的に、ここ数年急増した医学部の地域枠が、16大学で2010年度、定員割れだったことが読売新聞の調べでわかった。
 地域枠全体の定員から見ると9割以上確保できたが、地域によって明暗が分かれた。
 地域枠は主に、地元出身者を対象に推薦などで選抜し、奨学金と引き換えに一定期間の地域勤務を義務づける場合が多い。文部科学省によると、07年度には79大学中21大学(定員計173人)だったのが、地域の医師確保策として、10年度には(入学後に希望者を募る方式も含む)65大学(同1076人)に急増。医学部の全入学定員(約8800人)の1割以上を占める。
 調べでは10年度、16大学で募集定員に満たず、不足分は計80人だった。不足分は一般枠の合格者を増やすなどして対応していた。
 長崎大では5人の地域枠に3人しか志願がなく、合格者はゼロ。宮崎大では10人の枠に24人が志願したが、センター試験の成績が合格ラインに達せず、合格者は2人だった。定員通りの合格者を出したが、入学を辞退され結果としてゼロという大学があったほか、定員には達したものの、合格後に奨学金を辞退した例のあった大学が複数あった。
 入学定員(約110人)の半分近くを地域枠に充てている旭川医大は、募集50人に合格者は22人だった。吉田晃敏学長は「地域枠は、地元の学生を大切にしているメッセージとして意義がある。今後も続けたい」と、11年度から合格基準を引き下げて確保に努める考えだ。
 【関連記事】「医学部の新設解禁も検討 鈴木・文科省副大臣 2010/ 6/24 日本経済新聞」 / 「医師不足解消へ61大学が定員増 10年度、審議会が了承 2009/12/19 NIKKEI NET」 / 「医学部の定員、360人増へ…地域枠拡大 2009/12/ 7 YOMIURI ONLINE」 / 「民主公約…医師不足には医学部定員5割増し 2009/ 7/27 YOMIURI ONLINE」 / 「医学部定員369人増へ 「地域で仕事」条件の入学枠 2009/ 7/17 asahi.com」 / 「医学部定員、700人増 来年度、地域医療・産科確保へ 2008/11/ 5 asahi.com」 / 「医学部定員増で学長に協力要請 文科省が説明会 2008/ 9/16 NIKKEI NET」 / 「医学部定員、760人増員へ 09年度入学者分 2008/ 8/29 NIKKEI NET」 / 「医学部定員5割増、厚労省検討会が医師不足解消へ目標 2008/ 8/28 YOMIURI ONLINE」 / 「医学部定員1.5倍 10年後、地域偏在を解消 2008/ 8/25 NIKKEI NET」 / 「医学部定員「毎年400人増を」 厚労相が協議へ 2008/ 7/10 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/いすゞ、期間工の採用再開 関東2工場で90人(20100816) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護/生活保護で事前審査、伊東市に厚労省是正指導(20100817) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/49177645

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/医学部の地域枠、16大学定員割れ(20100817):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/いすゞ、期間工の採用再開 関東2工場で90人(20100816) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護/生活保護で事前審査、伊東市に厚労省是正指導(20100817) »