« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/マザーズジョブカフェ:京都に初オープン 子育てなど支援(20100809) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制/飲食店の喫煙、濃度規制導入へ 従業員保護で厚労省(20100808) »

2010.08.10

【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/「特定高齢者」の名称廃止 厚労省、お役所的と不評で(20100807)

「特定高齢者」の名称廃止 厚労省、お役所的と不評で 2010/ 8/ 7 asahi.com

 介護保険サービスを将来的に使う可能性が高いとみられる人を指す「特定高齢者」という名称について、厚生労働省は、この呼び方を改める局長通知を出した。今後は市区町村が「親しみやすい通称」を独自に設けることを推奨する。「後期高齢者」と同様、高齢者から不評なためで、イメージアップを狙う。
 特定高齢者の名称は、2006年度に始まった介護予防事業の一環で導入された。65歳以上の高齢者で、まだ介護保険サービスの利用に必要な要介護認定を受けていない人の中から、市区町村が対象者を選び出す。運動教室に通ってもらうなどして介護サービスが必要な状態になるのを食い止める狙いがある。
 しかし、名称に批判の声が上がり、長妻昭厚労相は記者会見で「『特定』というのが、非常に違和感がある」と指摘。後期高齢者とともに、「役所用語」として、名称を見直す考えを示していた。
 通知では、特定の呼び方を定めず、市区町村が地域の実情にあった呼び方を設定するのが「望ましい」としている。例示として、「健康づくり高齢者」や「元気向上高齢者」などをあげている。
 さらに、利用が伸び悩んでいる介護予防事業の運用も大幅に見直す。08年度には、65歳以上の高齢者のうち、参加した特定高齢者は0.5%。同省が目標としている5%を大きく下回る。
 これまでは医師の健診を通して対象者を見つけていたが、質問項目に答えるチェックリストだけで対象者とするよう簡略化する。
 【関連記事】「「介護予備軍」の認定要件を緩和 厚労省が見直し 2007/ 2/27 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/マザーズジョブカフェ:京都に初オープン 子育てなど支援(20100809) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制/飲食店の喫煙、濃度規制導入へ 従業員保護で厚労省(20100808) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/49110294

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/「特定高齢者」の名称廃止 厚労省、お役所的と不評で(20100807):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/マザーズジョブカフェ:京都に初オープン 子育てなど支援(20100809) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制/飲食店の喫煙、濃度規制導入へ 従業員保護で厚労省(20100808) »