« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/厚労省の育休普及のHP「イクメン宣言」400人超す(20100731) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/ハローワークの業務改善策を審査 厚労省(20100731) »

2010.08.01

【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家公務員試験に社会人枠…2012年度導入へ(20100731)

国家公務員試験に社会人枠…2012年度導入へ 2010/ 7/31 YOMIURI ONLINE

 人事院は2012年度から実施する国家公務員の新たな採用試験に、社会人経験者や大学院修了者などを対象とする採用枠を新設する方針を固めた。
 優秀な大学新卒者が外資系企業や大学院などに流れている現状を食い止める狙いがある。8月の人事院勧告に合わせた報告に盛り込む予定で、来春にも人事院規則の関連規定を改正する方向だ。
 新たな試験制度の導入自体は、08年に成立した国家公務員制度改革基本法で決まっている。従来のキャリア制に基づく試験を廃止し、政策の企画立案能力を重視する「総合職」、的確な事務処理の能力を見る「一般職」、特定分野の専門的知識を重視する「専門職」に区分するという内容だ。
 「経験者採用試験」は、この制度改正に合わせて新たに設けるもので、民間企業などで経験を積んだ人が対象となる。合格者は係長級以上に採用する。大学院や法科大学院、公共政策大学院の修了者が対象の「院卒者」試験は総合職の採用枠の中に新たに導入する。
 人事院は06年から各省と共同で「経験者採用システム」を実施。志望者は年々増加していることから、経験者採用試験として、本格的に導入することにした。
 【関連記事】「【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家1種合格、倍率8年ぶり20倍超 10年度 採用はさらに狭き門(20100622)」 / 「国家公務員I種応募者、10年度は21%増 2010/ 4/24 日本経済新聞」 / 「不況で官僚志望が復活 1種申込者が5年ぶり増加 2009/ 4/22 asahi.com」 / 「国家公務員志願者、また最低に 1種2万1200人 2008/ 4/24 asahi.com」 / 「国家公務員1種試験、応募者数は現行制度で最少 2007/ 4/23 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/厚労省の育休普及のHP「イクメン宣言」400人超す(20100731) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/ハローワークの業務改善策を審査 厚労省(20100731) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/49028505

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家公務員試験に社会人枠…2012年度導入へ(20100731):

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/厚労省の育休普及のHP「イクメン宣言」400人超す(20100731) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/ハローワークの業務改善策を審査 厚労省(20100731) »