« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/厚労省、新卒者支援132億円 11年度概算要求(20100826) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 厚生労働白書/厚労白書に「長妻色」、冒頭に薬害肝炎で謝罪・反省(20100827) »

2010.08.29

【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 7月失業率 5.2%、有効求人倍率 0.53倍(20100827)

7月の失業率は小幅改善、求人倍率も上昇 2010/ 8/27 YOMIURI ONLINE

 総務省は27日、7月の完全失業率(季節調整値)が5・2%で、6月に比べて0・1ポイント低下したと発表した。
 今年1月以来、6か月ぶりの改善となる。一方、厚生労働省が同日発表した7月の有効求人倍率(同)は前月比0・01ポイント上昇の0・53倍で、3か月連続で改善した。
 失業率は2009年7月に過去最悪の5・6%を記録して以降、5%前後で停滞しており、雇用情勢は「持ち直しの動きが見られるものの、依然として厳しい状況」(厚労省)だ。
 完全失業者数は、前年同月比28万人減の331万人で、2か月連続でマイナス。一方、就業者数は同1万人増の6271万人と、30か月ぶりに増加に転じた。
 失業者数の減少は、「新たに収入が必要」という求職者が同6万人減ったことが主な要因。総務省は、景気の持ち直しに伴って職探しを始める人の増加が一段落したと分析している。

7月失業率5.2%、0.1ポイント改善 就業者30カ月ぶり増 2010/ 8/27 日本経済新聞

 総務省が27日発表した7月の完全失業率(季節調整値)は5.2%と前月に比べ0.1ポイント低下した。改善は6カ月ぶり。企業活動の持ち直しを映し、就業者数が前年同月比1万人増の6271万人と30カ月ぶりに増加に転じた。厚生労働省が同日まとめた有効求人倍率(同)は0.01ポイント上昇の0.53倍。失業率、求人倍率とも改善したが、本格的な回復基調には至っていない。
 完全失業率は15歳以上の働く意欲のある人のうち、職に就いていない人の割合。7月の完全失業者は331万人と28万人減った。就業者数を業種別にみると、製造業が1029万人と10万人減、建設業が17万人減の503万人だった。医療・福祉は633万人と11万人増え、好調を持続した。
 男女別の失業率は男性が5.5%と0.1ポイント低下、女性は4.7%と0.2ポイント下がった。年齢階級別の失業状況をみると、15~24歳の失業率が9.1%と最も高い。25~34歳も6.2%で、相対的に若い世代ほど仕事に就きにくい状況が浮き彫りになっている。
 有効求人倍率の上昇は3カ月連続。7月は求職者数が前月比0.6%減り、求人数が1.3%増えた。ただ、雇用の先行指標となる新規求人倍率は0.87倍と0.01ポイント低下。厚労省は「雇用情勢は持ち直しつつあるが、依然として厳しい」と基調判断を据え置いた。

7月の完全失業率5.2%、6カ月ぶり低下 「勤め先都合」など減少  2010/ 8/27 日本経済新聞

 総務省が27日発表した7月の完全失業率(季節調整値)は5.2%となり、前月比0.1ポイント低下した。6カ月ぶりの低下となった。「勤め先都合」による失業や「新たに収入が必要」な求職者が減ったため。完全失業者も331万人と前年同月比で28万人減少した。
 ただ、失業率が依然として5%台で推移していることなどから、総務省は「失業率は低下したものの、依然として高い水準で推移しており、雇用動向については良く見ていく必要がある」(統計調査部)と慎重な姿勢を維持している。
 年齢別では、15~24歳の若者の完全失業率が9.0%と前年同月比で0.9ポイント低下した。これまで厳しい状況が続いていた若年者の雇用情勢が、ひとまず和らいだ形となった。
 就業者数は前年同月比1万人増の6271万人と、30カ月ぶりに増加した。

7月の有効求人倍率0.53倍、3カ月連続で上昇 2010/ 8/27 日本経済新聞

 厚生労働省が27日朝発表した7月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0.01ポイント上昇し0.53倍となった。上昇は3カ月連続。製造業をはじめ、医療福祉の分野や卸・小売業などでの求人増が寄与した。有効求人数は前月比1.3%増、有効求職者数は0.6%減だった。
 厚労省は有効求人倍率が3カ月連続で上昇する一方で、外国為替市場で円相場の上昇が続いていることや、このところの株式相場の下落などを受けて、「持ち直しの動きがみられるものの、経済情勢などを踏まえると依然として雇用は厳しい状況」とみている。
 正社員の有効求人倍率は0.29倍となり、前年同月比で0.05ポイント上昇した。都道府県の有効求人倍率(季節調整値)では最高が福井県の0.82倍、最低は沖縄県の0.31倍だった。
 【関連記事】「6月の完全失業率5.3% 前月より0.1ポイント悪化 2010/ 7/30 asahi.com」 / 「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 5月失業率 5.2%、有効求人倍率 0.50倍(20100629)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 4月失業率 5.1%、有効求人倍率 0.48倍(20100528)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 3月失業率 5.0%、有効求人倍率 0.49倍(20100430)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 2月失業率 4.9%、有効求人倍率 0.47倍(20100330)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 1月失業率 4.9%、有効求人倍率 0.46倍(20100302)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2009年12月失業率 5.1%、有効求人倍率 0.46倍(20100129)」 / 「完全失業率:4カ月ぶり悪化 デフレ影響、0.1ポイント増の5.2%--11月 2009/12/25 毎日jp」 / 「11月の失業率悪化5.2% 求人は改善0.45倍に 2009/12/25 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/厚労省、新卒者支援132億円 11年度概算要求(20100826) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 厚生労働白書/厚労白書に「長妻色」、冒頭に薬害肝炎で謝罪・反省(20100827) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/49285924

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 7月失業率 5.2%、有効求人倍率 0.53倍(20100827):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/厚労省、新卒者支援132億円 11年度概算要求(20100826) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 厚生労働白書/厚労白書に「長妻色」、冒頭に薬害肝炎で謝罪・反省(20100827) »