« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/大阪府、失業率を独自調査 10月末から(20100715) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策/保育制度:どう変わる 13年度実施目指し基本案(20100716) »

2010.07.15

【社労士】社会一般常識 > 少子化対策/東京都内保育所の待機児童、最多の8400人 10年4月(20100715)

東京都内保育所の待機児童、最多の8400人 10年4月 2010/ 7/15 日本経済新聞

 東京都内の保育所待機児童数の増加に歯止めがかからない。2010年4月現在の待機児童数は昨年比6%増の約8400人。待機児童数の定義を改めた02年以降で最高を記録した。都は保育所の定員を拡充しているものの保育へのニーズは依然高く、行政の施策が追いついていないのが実情だ。
 待機児童数は4000~5000人台で推移していたが、09年に約7900人に急増。10年は伸び率は鈍化したが、増加傾向は続いている。待機児童数が多いのは世田谷区の725人、練馬区の552人などだ。
 08年秋のリーマン・ショック後の景気低迷により共働きを余儀なくされ、保育所のニーズが高まったことが背景にあるとみられる。就学前の児童の中で保育所への入所を申し込んだ比率も31.7%と09年4月時点より0.8ポイント増加し、待機児童数の定義変更後、8年連続で上昇している。
 設置基準が緩やかな都独自の認証保育所を含む都内の保育所の施設数は2268カ所で、昨年から115カ所増えた。認定こども園や家庭福祉員(保育ママ)も含めた保育サービス全体の定員は約19万5000人と、約8500人増加した。
 【関連記事】「待機児童、止まらぬ増加…首都圏や政令市調査 2010/ 7/ 1 YOMIURI ONLINE」 / 「【社労士】社会一般常識 > 少子化対策/待機児童 最多の4.6万人(20100325)」 / 「自宅で子ども預かり、「保育ママ」増やせ 10年度から厚労省 2010/ 2/ 3 NIKKEI NET」 / 「年内に成長戦略策定 雇用・環境・子育てを柱 菅副総理 2009/11/ 9 asahi.com」 / 「学童保育、待機児童1万1000人に減 5月時点  2009/10/28 NIKKEI NET」 / 「待機児童の増加率、過去最悪29%…不況影響か 2009/ 9/ 7 YOMIURI ONLINE」 / 「学童保育、80万人超す 5月時点、待機も9000人超 2009/ 6/23 NIKKEI NET」 / 「保育サービス利用100万人増、政府が新待機児童ゼロ作戦  2008/ 2/27 NIKKEI NET」 / 「保育・放課後クラブの待機児童、10年後ゼロに 2008/ 2/27 YOMIURI ONLINE」 / 「「保育ママ」法制化へ、待機児童解消に国が基準 2007/12/26 YOMIURI ONLINE」 / 「認可保育所の待機児童、2万人切る 厚労省まとめ 2006/ 9/15 asahi.com」 / 「認可保育所、児童数が定員3%上回る・厚労省調査 2005/12/14 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/大阪府、失業率を独自調査 10月末から(20100715) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策/保育制度:どう変わる 13年度実施目指し基本案(20100716) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48880777

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策/東京都内保育所の待機児童、最多の8400人 10年4月(20100715):

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/大阪府、失業率を独自調査 10月末から(20100715) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化対策/保育制度:どう変わる 13年度実施目指し基本案(20100716) »