« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度/生命保険金二重課税問題(20100707) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/介護保険制度:事務見直しへ--厚労省(20100707) »

2010.07.07

【社労士】労働一般常識 > 自殺対策基本法/1~6月の自殺者7.4%減 1万5906人、なお高水準(20100706)

1~6月の自殺者7.4%減 1万5906人、なお高水準  2010/ 7/ 6 日本経済新聞

 今年1~6月の全国の自殺者は1万5906人(速報値)で、前年同期より1280人(7.4%)減ったことが6日、警察庁のまとめで分かった。いずれの月も前年を下回っているが、依然、年間3万人を超す高い水準で、自殺防止のための対策が急務だ。
 男女別では、男性が7割強を占める1万1354人、女性が3割弱の4552人。12年連続の3万人台となった2009年(総数3万2845人)とほぼ同じ割合。
 都道府県別で、減少が進んだのは前年より40人減の121人だった北海道や、同30人の135人だった神奈川など23道府県。埼玉(151人)や千葉(124人)など4県は前年と同じだった。
 一方で、増えたのは15人増となった青森(52人)と兵庫(124人)、11人増の東京(269人)、10人増の愛知(153人)、福岡(122人)など20都県。
 月別で最も多いのは3月の2932人で、前年よりは5.5%下回った。4月(2555人)がマイナス16.7%、5月(2704人)がマイナス10.0%となるなど、すべての月で前年より減少した。
 【関連記事】「自殺者数3万2753人 2010/ 1/26 yomiDr.」 / 「自殺者、12年連続で3万人超 1~11月集計  2009/12/25 NIKKEI NET」 / / 「自殺、過去最悪ペース 今年上半期は1万7076人 2009/ 7/28 asahi.com」 / 「1―4月の自殺者、1万1236人 警察庁、年間最悪の恐れも  2009/ 5/27 NIKKEI NET」 / 「全国の自殺者 11年連続で3万人超 2009/ 4/ 2 YOMIURI ONLINE」 / 「自殺者、1月は2645人…いのち守る動き広がる 2009/ 3/ 5 YOMIURI ONLINE」 / 「自殺、10年連続3万人 2008/ 6/19 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度/生命保険金二重課税問題(20100707) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/介護保険制度:事務見直しへ--厚労省(20100707) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48816652

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 自殺対策基本法/1~6月の自殺者7.4%減 1万5906人、なお高水準(20100706):

« 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度/生命保険金二重課税問題(20100707) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/介護保険制度:事務見直しへ--厚労省(20100707) »