« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/首都圏の病院でも医師不足深刻 自治体、“卵”から確保(20100714) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題/12都道府県で生活保護下回る 08年度データ(20100715) »

2010.07.15

【社労士】健康保険法 > 高額療養費/厚労省が見直し検討 上限引き下げ焦点(20100714)

高額療養費:厚労省が見直し検討 上限引き下げ焦点 2010/ 7/14 毎日jp

 厚生労働省の社会保障審議会医療保険部会は14日、患者の自己負担に一定の上限額を設ける国の高額療養費制度を見直す議論を始めた。がんや難病など長期にわたって多額の医療費を自己負担する患者らの救済につながる上限額の引き下げが焦点で、年内にも結論をまとめる。
 高額療養費制度は、患者負担の軽減のため各月の自己負担の上限額を超える分について、健康保険組合などから払い戻される国の制度。所得区分で、各保険者への加入者数が最も多い70歳未満の「一般所得」の場合、自己負担の上限額は月8万円超。過去12カ月間に3回以上支給されると、4回目から負担は月4万4400円になる。
 この日の議論で、委員から「(景気悪化で)給与がますます下がっている。所得が低い人の自己負担を下げる検討をしてはどうか」「高額療養費制度を知らない人がいる」と改善を求める一方、「(自己負担の引き下げなどに伴う)必要な財源をどう負担すべきか」との意見が出た。
 高額医療の問題をめぐっては、昨年夏から今年にかけて、慢性骨髄性白血病など長期慢性疾病の患者らが医療費の自己負担の軽減を求める要望書を国に提出。患者らの負担に関する実態調査などを受け、長妻昭厚労相も今年の国会で制度の見直しについて「遅くとも年度内に検討する」と言及していた。
 【関連記事】「医療自己負担、上限4万円に軽減…来年度にも 2010/ 5/ 8 YOMIURI ONLINE」 / 「高額医療費、中間所得層の負担額引き下げ検討 厚労相 2010/ 3/ 4 asahi.com」 / 「外来の高額医療費一部払い戻し、複数科受診でも制度適用可能に 2010/ 2/22 NIKKEI NET」 / 「【社労士】健康保険法 > 診療報酬改定/再診料 690円に統一(20100211)

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/首都圏の病院でも医師不足深刻 自治体、“卵”から確保(20100714) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題/12都道府県で生活保護下回る 08年度データ(20100715) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48880687

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 高額療養費/厚労省が見直し検討 上限引き下げ焦点(20100714):

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/首都圏の病院でも医師不足深刻 自治体、“卵”から確保(20100714) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金問題/12都道府県で生活保護下回る 08年度データ(20100715) »