« 【社労士】社会一般常識 > 生活保護/「全患者が生活保護者」34医療機関 大阪、不正調査へ(20100628) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/日航、定年後の再雇用凍結 事業の大幅縮小で(20100629) »

2010.06.28

【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/「デートより残業優先」の新入社員、過去最高の85%(20100706)

「デートより残業を優先する」 今春の新入社員の8割超 2010/ 7/ 6 asahi.com

 今春の新入社員の8割超が、「デートより残業を優先する」と考えていることが、日本生産性本部などの調査でわかった。第1志望の会社に入った人は前年比7ポイント減の約55%。同本部は厳しい雇用環境を反映し、プライベートより仕事に重点を置く傾向が強まっているとみている。
 調査は今年春に同本部の研修に参加した新入社員2663人を対象に実施した。「デートの約束があるとき残業を命じられたら」の質問には、約85%が「残業する」と答えた。1972年に調査を始めたが、残業派の比率は、バブル崩壊直後の91年に60%程度にまで低下。その後は増加傾向が続いているという。
 「いずれリストラされるのか不安だ」(前年比5.1ポイント減の41.0%)「いずれ会社が倒産するのか不安」(同1.3ポイント減の26.4%)と、雇用不安はやや薄らいでいる。

ファイル:新入社員「愛より仕事」 「デートより残業」最多85.3% 2010/ 6/29 毎日jp

 ◇数年以内の転職考えない83.6%
 日本生産性本部と日本経済青年協議会は28日、第1志望の会社に入った新入社員は55.2%だったなどとする10年度新入社員の意識調査結果を公表した。厳しい就職状況を反映して前年度を約7ポイント下回り、「デートの約束があっても残業する」との答えは過去最多の85.3%に達した。調査は今年3~4月に実施し、東京都内の新社会人研修に参加した55社の2663人から回答を得た。調査は1969年から継続して行われている。
 第1志望の会社に入れた人は昨年を下回ったが、入社後数年以内に転職する「第2新卒としての転職を考えるか」の問いには83.6%が「いいえ」と回答。第2の就職氷河期と言われる厳しい状況を経験して就職したことが慎重な姿勢につながっているとみられる。
 「仕事と生活のバランス」の質問でも「両立」が82.8%と多数派だが、「仕事中心」(9.2%)が3年ぶりに「生活中心」(7.9%)を上回った。デートの約束と残業の問いでは、残業を選ぶのは女性が88.8%で、男性の81.9%を上回った。

新社会人「デートより残業優先」過去最多85% 2010/ 6/28 YOMIURI ONLINE

 今春入社した新社会人の8割以上が「デートより残業を優先する」と考えていることが、財団法人日本生産性本部(東京)の調査でわかった。
 調査は3~4月、同本部主催の研修を受けた会社の社員2663人を対象に実施。「デートの約束があった時、残業を命じられたら、あなたはどうしますか」という質問に、85・3%が「デートをやめて仕事をする」と回答。「ことわってデートをする」は14・2%にとどまり、この質問を調査項目に入れた1972年以降、「仕事優先派」は過去最多になった。同本部によると、「デート優先派」が最も多かったのは、バブル期の91年入社組の36・7%。調査担当者は、「厳しい就職戦線をくぐり抜けてきただけに、プライベートよりも仕事を優先する傾向が例年より強いのでは」と分析している。

「デートより残業優先」の新入社員、過去最高の85% 生産性本部が調査、女性に仕事優先傾向  2010/ 6/28 日本経済新聞

 日本生産性本部(東京・渋谷)が28日まとめた「新入社員の働くことの意識調査」によると、「デートの約束があった時、残業を命じられたらどうするか」という質問に対して「デートをやめて仕事をする」と回答した人が85.3%と、1969年に調査を開始して以来、過去最高となった。「断ってデートをする」との回答は14.2%に減少した。
 男女別では、「仕事をする」と回答した人は男性が81.9%だったのに対し、女性は88.8%と女性の方が仕事優先の傾向が強い。「仕事と生活のバランス」については「両立」派が82.8%と大勢を占め、「仕事中心」は9.2%、「生活中心」は7.9%にとどまった。
 調査は3月3日から4月30日まで、生産性本部が実施した新社会人研修に参加した企業の新入社員を対象に実施し、55社の2663人から回答を得た。
 【関連記事】「就職に満足も将来に不安…新入社員アンケート 2007/ 6/28 YOMIURI ONLINE」 / 「新人女性の85%「デートより残業」 2006/ 6/22 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 生活保護/「全患者が生活保護者」34医療機関 大阪、不正調査へ(20100628) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/日航、定年後の再雇用凍結 事業の大幅縮小で(20100629) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48746391

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/「デートより残業優先」の新入社員、過去最高の85%(20100706):

« 【社労士】社会一般常識 > 生活保護/「全患者が生活保護者」34医療機関 大阪、不正調査へ(20100628) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/日航、定年後の再雇用凍結 事業の大幅縮小で(20100629) »