« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家1種合格、倍率8年ぶり20倍超 10年度 採用はさらに狭き門(20100622) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/転職したい企業、グーグル初の首位 アップルも躍進(20100622) »

2010.06.23

【社労士】労働者災害補償保険法 > 労働事故/TOTO労災死に6100万円賠償命令 大津地裁(20100623)

TOTO労災死に6100万円賠償命令 大津地裁 2010/ 6/23 日本経済新聞

 TOTO(北九州市)の滋賀工場で偽装請負の状態で勤務中に労災事故で死亡した西野尾茂信さん(当時39)の遺族がTOTOなどに約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大津地裁は22日、計約6100万円の支払いを命じた。<br>  石原稚也裁判長は判決理由で「TOTOと請負業務の現場との間に実質的な指揮監督関係が存在していた」と認めた。<br>  判決などによると、西野尾さんは2007年5月、停止した製造ラインを再始動させようとした際、動きだした機械に挟まれ死亡した。<br>  原告側は、事実上TOTOの指揮命令下で作業に従事していたとして「フェンス設置など安全管理を怠った」とTOTOの過失を主張。これに対しTOTO側は指揮監督は請負会社がしていたとした上で「過失は本人にある」と反論していた。

派遣社員の労災死、TOTOに6千万円命令 2010/ 6/22 YOMIURI ONLINE

 大手衛生陶器メーカー「TOTO」(本社・北九州市)の滋賀工場(滋賀県湖南市)で2007年5月、作業中に死亡した派遣会社社員西野尾茂信さん(当時39歳)の遺族が「偽装請負状態で働いており、安全配慮義務があった」として、TOTOなどに約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、大津地裁であり、石原稚也(ちがや)裁判長は、同社などに約6000万円の支払いを命じた。
 石原裁判長は、西野尾さんとTOTOに直接の雇用関係はなかったが、同社は製造ラインの勤務者を実質的に指揮監督していたとした。
 判決によると、西野尾さんは1993年から工場で勤務。07年5月14日夜、一時停止した水洗トイレの製造ラインを復旧させる際、動き出した機械と支柱に頭を挟まれ、死亡した。
 TOTO広報部は「判決内容を検討し、対応を決めたい」としている。

労災死:偽装請負認めTOTOに賠償命令 大津地裁 2010/ 6/22 毎日jp

 大手住宅設備機器メーカー「TOTO」(本社・北九州市)の滋賀工場=滋賀県湖南市=で機械に頭を挟まれて死亡した西野尾茂信さん(当時39歳)の遺族が同社などに約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、大津地裁であった。西野尾さんは請負会社に所属していたが、石原稚也(ちがや)裁判長は「TOTOが指揮命令を行っていた」としてTOTOの安全管理責任を認め、同社などに約6140万円の賠償を命じた。業務委託(請負)を装いながら実際は派遣という「偽装請負」を認定して派遣先に労災の賠償を命じる判決は珍しい。
 判決によると、西野尾さんは93年4月から同工場に勤務。07年5月、停止したトイレタンク製造ラインを再始動させようと機械の背部に入り込んだ際、機械が動き出して支柱との間に頭を挟まれ、死亡した。
 【関連記事】「偽装請負、最高裁「雇用関係ない」 パナソニック子会社 2009/12/18 asahi.com

|

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家1種合格、倍率8年ぶり20倍超 10年度 採用はさらに狭き門(20100622) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/転職したい企業、グーグル初の首位 アップルも躍進(20100622) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48699559

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労働事故/TOTO労災死に6100万円賠償命令 大津地裁(20100623):

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家1種合格、倍率8年ぶり20倍超 10年度 採用はさらに狭き門(20100622) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/転職したい企業、グーグル初の首位 アップルも躍進(20100622) »