« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 5月失業率 5.2%、有効求人倍率 0.50倍(20100629) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革/年金新制度 7原則決定(20100629) »

2010.06.29

【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/非正規雇用者:9月末までの契約切れ増加 厚労省調査(20100629)

非正規雇用者:9月末までの契約切れ増加 厚労省調査 2010/ 6/29 毎日jp

 厚生労働省は29日、9月末までに職を失ったか失うことが決まっている非正規雇用労働者の数が先月の調査から4507人(今月17日現在)増えたとする調査結果をまとめた。調査対象期間が先月調査より3カ月延びたことと、契約の区切り時期が重なったことなどが理由と見られる。08年10月からの累計は28万2181人になる。
 新たに把握された労働者の就業形態別の割合は期間労働者などが49.7%(2240人)で最多、パートなどが30.6%(1379人)、派遣が16.3%(736人)、請負が3.4%(152人)だった。期間労働者の比率が高まっている。
 一方、一つの会社から正社員が100人以上離職した「大規模離職」のまとめでは、5月以降に把握できたのは1716人。前回5月発表の5105人から大きく減少した。
 【関連記事】「派遣労働者:「雇用」先細り…景気回復後も 上場企業調査 2010/ 6/25 毎日jp」 / 「「派遣」4割減、09年度230万人 規制強化と景気低迷で 2010/ 5/26 日本経済新聞」 / 「失業1年以上、23万人増の114万人 1~3月 2010/ 5/18 日本経済新聞

|

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 5月失業率 5.2%、有効求人倍率 0.50倍(20100629) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革/年金新制度 7原則決定(20100629) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48748809

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/非正規雇用者:9月末までの契約切れ増加 厚労省調査(20100629):

« 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 5月失業率 5.2%、有効求人倍率 0.50倍(20100629) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金制度改革/年金新制度 7原則決定(20100629) »