« 【社労士】社会一般常識 > 日本年金機構/年金窓口業務のサービスコンテスト(20100626) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/JR不採用問題(20100628) »

2010.06.27

【社労士】社会一般常識 > 生活保護/生活保護300人住まわせ、受診させ… 貧困ビジネスか(20100626)

生活保護300人住まわせ、受診させ… 貧困ビジネスか 2010/ 6/26 asahi.com

 大阪市浪速区の不動産会社が、賃貸アパートに生活保護受給者を住まわせ、実質経営していた診療所の巡回診療を繰り返し受診させていた疑いがあることが、診療所の関係者らへの取材でわかった。診療所は、診療報酬などで得た収入の一部を不動産会社側にコンサルタント料として払っていたという。市は、生活保護の医療扶助を利用した「貧困ビジネス」の可能性があるとみて近く不動産会社などを実態調査する。
 貧困ビジネスは、受給者から家賃や食事代などの名目で保護費の大半を吸い上げたり、引っ越しを繰り返させて転居費をピンハネしたりする形態が多い。受給者の医療費が全額公費負担となる医療扶助は医療機関に直接支払われるため、貧困ビジネス業者と医療機関が協力すれば、実態を把握するのは難しい。(以降略)
 【関連記事】「「貧困ビジネス」対策待ったなし 無料低額宿泊所で高額徴収 2009/11/13 NIKKEI NET」 / 「無料低額宿泊所、来春めどに対策 厚労省のチーム初会合 2009/10/31 NIKKEI NET」 / 「低額宿泊所:悪質なら扶助停止 居室に合わせ支給へ 2009/10/23 毎日jp」 / 「無料宿泊所、439施設1万4089人入居 厚労省、貧困ビジネス調査へ 2009/10/20 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 日本年金機構/年金窓口業務のサービスコンテスト(20100626) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/JR不採用問題(20100628) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48731477

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 生活保護/生活保護300人住まわせ、受診させ… 貧困ビジネスか(20100626):

« 【社労士】社会一般常識 > 日本年金機構/年金窓口業務のサービスコンテスト(20100626) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/JR不採用問題(20100628) »