« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/医師移住に支援策…四万十の協議会(20100624) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子育て施策、「子ども家庭省」に一元化検討(20100625) »

2010.06.25

【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/在宅介護利用限度額上げ…滋賀(20100624)

在宅介護利用限度額上げ…滋賀 2010/ 6/24 yomiDr.

 草津市議会条例改正可決、市独自に上乗せ救済
 滋賀県草津市議会は23日、重度認知症高齢者が介護保険で在宅介護サービスなどを利用できる限度額を引き上げる介護保険条例の改正案を可決した。
 国が定めた限度額を超える分は全額自己負担となり、生活を圧迫することから、市が独自に上乗せして救済する。県内の自治体では初の取り組みで、10月1日以降の利用分から適用する。
 要介護認定のレベルに合わせて定められた月額16万5800~35万8300円の限度額に、市が同3万8700~5万5400円を上乗せする。
 対象は、市内で在宅介護サービスを受けている約1700人のうち、医師に日常生活自立度3以上と認定された重度認知症高齢者約240人。限度額内なら自己負担は1割で済むが、このうち62人が限度額を超えてサービスを利用している。
 財源は介護給付費準備基金の黒字分で、2010年度は1368万円の予算を計上した。
 【関連記事】「介護ビジョンでは在宅型に重点…長妻厚労相 2010/ 5/ 1 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/医師移住に支援策…四万十の協議会(20100624) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子育て施策、「子ども家庭省」に一元化検討(20100625) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48715499

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/在宅介護利用限度額上げ…滋賀(20100624):

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/医師移住に支援策…四万十の協議会(20100624) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子育て施策、「子ども家庭省」に一元化検討(20100625) »