« 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/要介護認定:現行制度の廃止を提言 認知症患者や家族の会(20100621) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/公務員退職管理:「現役の天下り」を容認 改革に逆行(20100623) »

2010.06.22

【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度/後期高齢者の医療費、1人月8万5400円(20100622)

後期高齢者の医療費、1人月8万5400円 2010/ 6/22 YOMIURI ONLINE

 75歳以上の後期高齢者医療制度の加入者のうち、約86%が1か月に1度は医療機関で受診し、患者1人当たりの1か月の医療費はざっと8万5400円かかっていたことが、厚生労働省の2008年度医療給付実態調査報告で明らかになった。
 診療報酬明細書などから、患者別に初めて集計している。
 それによると、加入者のうち、09年3月の1か月間に1度でも医療機関にかかった人の割合は「後期医療」では85・8%、74歳以下の高齢者が多い「国民健康保険(国保)」で52・6%、中小企業の従業員らが入る「全国健康保険協会管掌健保(協会けんぽ)」で45・7%、大企業の従業員らの「組合健保」で43・1%だった。
 「後期医療」では44%が1か所の医療機関に、26%が2か所、11%が3か所、5%が4か所以上にそれぞれかかっていた。
 患者1人当たりの月額医療費を医療保険別に比較すると、「後期医療」が8万5412円、「国保」が4万4711円、「協会けんぽ」が2万8442円、「組合健保」が2万5487円。「後期医療」は「組合健保」の3・35倍になっている。
 厚労省ではこれらの結果のほか、外来、入院などの医療費も患者別、年齢別、病名別に細かく分析しており、医療制度改革論議に役立てたい考えだ。
 これに対し、橋本英樹・東大教授(公衆衛生)は「患者別、保険別の調査は意義がある。ただ、高齢者の場合、平均値だけでは判断できない面もあり、死亡前なのか、急性期なのか、なども把握したうえで、将来の制度設計に向けた推計を試みるべきだ」と話す。
 【関連記事】「【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度/後期高齢者保険料 10年度は全国平均2.1%増(20100330)」 / 「後期高齢者、23都道府県で保険料率上げ 10年度 2010/ 3/ 8 NIKKEI NET」 / 「来年度後期医療保険料 13.8%上昇 厚労省が修正 2009/11/21 YOMIURI ONLINE」 / 「後期高齢者医療保険料、平均12%増の見通し 10年度 2009/11/ 9 asahi.com」 / 「後期医療の保険料、1割増と試算 10・11年度 2009/10/26 asahi.com」 / 「後期医療保険料、平均6万2千円に減少 09年度 2009/ 8/19 asahi.com」 / 「後期高齢者医療の保険料、平均6万2000円に減少 09年度 2009/ 8/18 NIKKEI NET」 / 「後期高齢者医療制度、減額措置で保険料7千円減に 2008/11/ 6 YOMIURI ONLINE」 / 「被扶養後期高齢者の保険料、9割軽減を09年度も継続 与党方針 2008/ 7/15 NIKKEI NET」 / 「後期高齢者医療:今年度は暫定 10月以降に増減も 2008/ 6/12 毎日jp」 / 「後期高齢者医療制度の改善策、低所得者の負担軽減など柱に 2008/ 6/12 YOMIURI ONLINE」 / 「後期高齢者医療、保険料今年度85%軽減 与党方針 2008/ 6/ 3 asahi.com」 / 「70~74歳の医療費、来年度も1割負担…与党PT 2008/ 7/15 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/要介護認定:現行制度の廃止を提言 認知症患者や家族の会(20100621) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/公務員退職管理:「現役の天下り」を容認 改革に逆行(20100623) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48691581

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 後期高齢者医療制度/後期高齢者の医療費、1人月8万5400円(20100622):

« 【社労士】社会一般常識 > 介護保険法/要介護認定:現行制度の廃止を提言 認知症患者や家族の会(20100621) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/公務員退職管理:「現役の天下り」を容認 改革に逆行(20100623) »