« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/中小企業と「就活」学生橋渡し 経産省、専用サイト開設(20100609) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護/生活保護世帯、最多の127万世帯 09年度速報値(20100609) »

2010.06.10

【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金/年金減額訴訟、最高裁がNTT側の上告棄却(20100609)

年金減額訴訟、最高裁がNTT側の上告棄却 2010/ 6/ 9 YOMIURI ONLINE

 経営悪化を理由に退職者の企業年金支給額の減額を申請したのに、厚生労働省が認めなかったのは不当だとして、NTTグループ67社が国に不認定処分の取り消しを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は、請求を棄却した1、2審判決を支持し、NTT側の上告を棄却する決定をした。
 決定は8日付。NTT側の敗訴が確定した。
 確定給付企業年金法では、減額の要件を「経営悪化でやむを得ない場合」と定めている。訴訟では、NTTの経営状況をどう判断するかが争点となったが、1、2審とも「減額がやむを得ないほどの経営悪化は認められない」と判断した。

NTTのOB年金減額、最高裁も認めず  2010/ 6/ 9 日本経済新聞

 NTTグループが申請した退職者の年金減額を厚生労働省が承認しなかったのは不当だとして、グループ67社が不承認処分の取り消しを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は9日までに、NTT側の上告を退ける決定をした。NTT側敗訴の一、二審判決が確定した。今回の決定を受け、産業界でOBの年金減額に慎重な姿勢が一段と広がる可能性もある。
 確定給付企業年金法は、受給者に不利な年金額改定をするには、経営が著しく悪化しているなどの条件が必要と定めている。訴訟ではNTTグループの経営が、年金減額を余儀なくされるほど悪化しているかが最大の争点だった。
 一審・東京地裁判決は「NTT東日本・西日本は年1000億円前後の利益を継続的に計上しており、経営が悪化したとは到底認められない。年金廃止を避けるための次善の策として減額がやむを得ないとはいえない」として、NTT側の訴えを棄却。二審・東京高裁も支持し、NTT側の控訴を棄却していた。
 NTT側は「年金制度の維持が困難になるほどの経営悪化を減額承認の条件とするのは硬直的。企業年金の設計を労使の自主判断に委ねている法律の趣旨を損ねる」などと主張していた。
 一、二審判決によるとNTTグループは減収減益傾向を理由に、年金の給付利率を従来の固定型から、低利が続く国債の利率に連動する仕組みに変え、実質的に減額する方針を決定。2005年に厚労省に改定を申請したが、認められなかった。
 【関連記事】「年金減額訴訟、NTT2審も敗訴 東京高裁「経営悪化なし」 2008/ 7/ 9 NIKKEI NET」 / 「企業年金減額訴訟、NTTが控訴 2007/11/ 1 NIKKEI NET」 / 「NTTの年金減額認めず・東京地裁「経営悪化ない」 2007/10/19 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/中小企業と「就活」学生橋渡し 経産省、専用サイト開設(20100609) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護/生活保護世帯、最多の127万世帯 09年度速報値(20100609) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48590028

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金/年金減額訴訟、最高裁がNTT側の上告棄却(20100609):

» 企業年金 種類 [今流行のニュース]
企業年金についての情報を紹介しています。今話題になっている企業年金の関連の情報も紹介しています。この企業年金の情報があなたにとってお役に立てることができればうれしく思います。企業年金の最新情報は・・・さぁ〜波に乗っていきましょう!厚年法 > 企業年金/年金減額訴訟、最高裁、産業界でOBの年金減額に慎重な姿勢が一段と広がる可能性もある。確定給付企業年金法は、受給者に不利な年金額改定をするには、経営が著しく悪化しているなどの条件が必要と定めている。訴訟ではNTTグループの経営が、年金減額を余儀なくさ 法... [続きを読む]

受信: 2010.06.12 21:56

» NTT企業年金減額訴訟が結審したわけだが [The企業年金BLOG]
NTTのOB年金減額認めず 最高裁が上告棄却 (nikkei.com) 企業の慎重姿勢、拍車も NTTグループが申請した退職者の年金減額を厚生労働省が承認しなかったのは不当だとして、グループ67社が不承認処分の取り消しを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は9..... [続きを読む]

受信: 2010.06.15 00:37

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/中小企業と「就活」学生橋渡し 経産省、専用サイト開設(20100609) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 生活保護/生活保護世帯、最多の127万世帯 09年度速報値(20100609) »