« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/札幌市本庁舎に障害者雇用カフェ 9月開業(20100608) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/松江市、早期退職者を募集へ 60人程度を想定(20100608) »

2010.06.08

【社労士】健康保険法 > 先進医療/「先進医療」導入しやすい仕組みを 行政刷新会議分科会(20100608)

「先進医療」導入しやすい仕組みを 行政刷新会議分科会 2010/ 6/ 8 asahi.com

 再生医療など先進的な医療を治療現場に導入しやすくするため、政府の行政刷新会議分科会は7日、新しい仕組みづくりを盛り込んだ報告書をまとめた。報告書は新たな担当相が了承すれば、6月中にも閣議決定される見通し。
 厚生労働省は、専門家による審査で、安全性や有効性が認められた治療法に限り、「先進医療」として現場への導入を認めてきた。しかし、審査時間がかかるため、進歩の早い先進医療に対応するには、柔軟さや迅速さに欠け、「見直しが必要だ」などの意見が専門家から出ていた。
 報告書などでは、審査を簡略化する代わりに、実施は高度な医療ができる大学病院など、一定の要件を満たす施設に限定。審査も、新たに厚労省が審査機関を設け、現行より審査の頻度を増やすなどするとした。具体的な仕組みは今年度中に検討するという。
 現行では、健康保険が使える保険診療と、保険が使えない診療の併用(混合診療)は原則として禁じられている。このため、保険ではまだ認められていない先進的な医療を受ける場合、保険で本来は認められる治療も患者の自己負担になる。厚労省は例外的に認める「先進医療」制度をつくり、一部を認めてきた。
 【関連記事】「[解説]混合診療禁止「妥当」判決 2009/10/ 2 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/札幌市本庁舎に障害者雇用カフェ 9月開業(20100608) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/松江市、早期退職者を募集へ 60人程度を想定(20100608) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48573313

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 先進医療/「先進医療」導入しやすい仕組みを 行政刷新会議分科会(20100608):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/札幌市本庁舎に障害者雇用カフェ 9月開業(20100608) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/松江市、早期退職者を募集へ 60人程度を想定(20100608) »