« 【社労士】労働者災害補償保険法 > 障害補償給付/顔の障害等級で男女差は「違憲」…広がる波紋(20100607) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金運用/公的年金積立金の運用、「分割」「一体」を併記(20100607) »

2010.06.08

【社労士】労働一般常識 > 労働審判法/労働審判:申し立て過去最多 不況を反映(20100607)

労働審判:申し立て過去最多 不況を反映 2010/ 6/ 7 毎日jp

 雇用や賃金を巡る労働者と事業主間のトラブルの迅速解決を図る「労働審判」の09年の申立件数が、過去最多の3468件(前年比1416件増)になったことが最高裁のまとめで分かった。不況を反映し、特に東京や大阪などの大都市部で急増し、利用が伸び悩んでいるとされる地方でも利用者が増えている。一方、大半の地裁支部では申し立てができないことが課題だ。
 昨年1年間の受理件数が100件を超えたのは▽東京(1140件)▽大阪(299件)▽名古屋(275件)▽横浜(256件)▽福岡(208件)▽さいたま(154件)▽神戸(125件)の7地裁。期間が違うものの、いずれも初年度の06年4~12月に比べ、3~7倍程度に跳ね上がった。
 地方でも利用が伸び始め、06~08年は1ケタで推移していた水戸や金沢、奈良など15地裁では、09年に初めて10件を超えた。地方は労働者側の権利意識が控えめなうえ、弁護士が少なく手が回らないとの見方もあったが、日本労働弁護団副会長の徳住賢治弁護士は「労働審判の評判が大都市、中堅都市から広がっているのではないか。この1~2年でさらに増える可能性もある」との見方を示す。
 しかし、地裁支部では、今年4月から申し立てを受理し始めた東京地裁立川支部と福岡地裁小倉支部以外では、取り扱われていない。山口地裁は昨年初めて受理件数が10件を超えたが、本庁から車で1時間以上かかる下関市や岩国市の支部では制度を利用できないのが実情だ。山口県内の男性弁護士は「最寄りの裁判所に申し立てられないと、敬遠しがちだ。制度の趣旨を思えば支部でもできた方がよい」と話している。
 【関連記事】「労働事件:激増1.5倍に 雇用悪化が背景に 最高裁推計 2009/11/20 毎日jp」 / 「労働審判が3年前の3倍、解雇・賃金カット急増で 2009/11/19 YOMIURI ONLINE」 / 「急な失職・違法派遣…「派遣労働酷書」弁護団が公表 2009/ 7/18 asahi.com」 / 「昨年度の労働相談、最多の23万7000件 厚労省まとめ  2009/ 5/23 NIKKEI NET」 / 「労働相談、過去最多の19万件・「いじめ」増加  2008/ 5/24 NIKKEI NET」 / 「パワハラ相談多数…「職場のいじめ」調査 2008/ 2/12 YOMIURI ONLINE」 / 「「労働審判」1000件突破・紛争、平均73日で決着 2007/ 4/19 NIKKEI NET」 / 「労働審判、3カ月で15件決着 東京地裁」 / 「労働審判制度スタート、申し立ても」 / 「労働審判制4月スタート、会社と個人の間のトラブル迅速解決

|

« 【社労士】労働者災害補償保険法 > 障害補償給付/顔の障害等級で男女差は「違憲」…広がる波紋(20100607) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金運用/公的年金積立金の運用、「分割」「一体」を併記(20100607) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48573231

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 労働審判法/労働審判:申し立て過去最多 不況を反映(20100607):

« 【社労士】労働者災害補償保険法 > 障害補償給付/顔の障害等級で男女差は「違憲」…広がる波紋(20100607) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 年金運用/公的年金積立金の運用、「分割」「一体」を併記(20100607) »