« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/財政力ある国保組合への国庫補助、減額へ 厚労省(20100531) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費問題/「庁舎内禁煙」の都道府県、4割どまり 厚労省調査(20100531) »

2010.06.01

【社労士】労働一般常識 > 毎月勤労統計/4月の現金給与総額、2カ月連続プラス 残業時間伸びる(20100531)

4月の現金給与総額、2カ月連続プラス 残業時間伸びる  2010/ 5/31 日本経済新聞

 厚生労働省が31日発表した4月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、従業員1人当たり平均の現金給与総額は全産業ベースで前年同月比1.5%増の27万5985円となった。生産活動の回復を受けて残業時間が伸び、2カ月連続のプラスとなった。基本給を示す所定内給与は0.4%減っており、賃金が本格回復するにはなお時間がかかる。
 残業代などの所定外給与は11.3%増の1万8650円。4カ月連続の増加となった。就労形態別の現金給与総額は一般労働者(正社員やパート以外の非正規社員を含む)が2.1%増、パートが0.2%増だった。
 残業時間を示す所定外労働時間は10.8%増の10.3時間。4カ月連続で増えた。製造業の所定外労働時間は13.8時間で、53.4%の大幅増。5カ月連続のプラスだ。
 雇用者数では一般労働者が0.5%減の3206万3000人。パートは1205万人と1.7%増えた。

4月の給与総額、2カ月連続アップ 製造業など残業増 2010/ 5/31 asahi.com

 厚生労働省が31日発表した4月の毎月勤労統計調査(速報)によると、基本給と残業代、賞与を含めた現金給与総額の平均は、前年同月比1.5%増の27万5985円となり、前月に続き前年同月を上回った。製造業を中心に残業時間が増えていることが影響している。
 全産業平均の所定内労働時間は同1.0%増だったが、所定内給与は同0.4%減の24万7190円にとどまった。一方、残業時間は同10.8%増の10.3時間で4カ月連続の増加。この結果、残業代も同11.3%増の1万8650円となり、現金給与総額を押し上げた。
 残業時間の増加で目立つのは、景気の影響を受けやすい製造業。同53.4%増の13.8時間で、3カ月連続で50%を超える増加となった。その他では教育・学習支援業が同11.9%増、情報通信業と運輸・郵便業がそれぞれ同5.4%増えた。
 【関連記事】「【社労士】労働一般常識 > 毎月勤労統計/09年度現金給与総額3.3%減、特別給与10.8%減 減少率最大(20100518)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 毎月勤労統計/3月 給与22か月ぶり増(20100430)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 毎月勤労統計/2月 昨冬ボーナス40万円割れ、減少率最大(20100331)」 / 「給与総額、20カ月ぶり増 1月の勤労統計 2010/ 3/ 3 NIKKEI NET」 / 「【社労士】労働一般常識 > 毎月勤労統計/2009年(20100202)」 / 「11月の残業時間9.5%減、1年ぶり1ケタ台 生産持ち直し映す 2009/12/28 NIKKEI NET」 / 「11月の現金給与総額、2.8%減 ボーナスや残業の減少で 2009/12/28 NIKKEI NET」 / 「製造業の残業時間、10月は前年比2割減 2009/11/30 asahi.com」 / 「製造業の残業時間、前月比4%増 9月の毎月勤労統計 2009/11/ 2 asahi.com

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/財政力ある国保組合への国庫補助、減額へ 厚労省(20100531) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費問題/「庁舎内禁煙」の都道府県、4割どまり 厚労省調査(20100531) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48512458

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 毎月勤労統計/4月の現金給与総額、2カ月連続プラス 残業時間伸びる(20100531):

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/財政力ある国保組合への国庫補助、減額へ 厚労省(20100531) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療費問題/「庁舎内禁煙」の都道府県、4割どまり 厚労省調査(20100531) »