« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/日航、定年後の再雇用凍結 事業の大幅縮小で(20100629) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/非正規雇用者:9月末までの契約切れ増加 厚労省調査(20100629) »

2010.06.29

【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 5月失業率 5.2%、有効求人倍率 0.50倍(20100629)

完全失業率:5月は5.2% 3カ月連続で悪化 2010/ 6/29 毎日jp

 総務省が29日発表した5月の完全失業率(季節調整値)は、前月より0.1ポイント上昇の5.2%で、3カ月連続で悪化した。
 厚生労働省が同日発表した、求職者1人に対する求人数を示す5月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月より0.02ポイント上昇の0.50倍で、2カ月ぶりに改善した。求人倍率が0.5倍以上となるのは2009年3月以来、1年2カ月ぶり。
 アジア向け輸出が好調で企業収益は改善を続けているが、欧州経済の悪化懸念など景気の先行き不透明感は強く、企業は採用増に依然慎重な姿勢を続けている。総務省は「失業率は5%台の高水準で推移しており、依然油断できない」と指摘。雇用問題は7月11日投開票の参院選で、大きな争点の一つとなる。
 男女別の失業率は、男性が5.5%、女性が4.7%で、いずれも前月と同じだった。完全失業者数は、前年同月と同じ347万人。
 都道府県別の有効求人倍率で、最も高かったのは群馬県の0.77倍。最も低かったのは沖縄県の0.30倍だった。

5月の失業率5.2% 失業者は347万人 2010/ 6/29 asahi.com

 総務省が29日発表した労働力調査によると、5月の完全失業率(季節調整値)は5.2%で、5.1%だった4月より0.1ポイント悪化した。男性5.5%、女性4.7%。完全失業者数は前年同月と変わらず347万人、就業者数は6295万人で、前年同月と比べて47万人減った。
 また、厚生労働省が同日発表した5月の有効求人倍率(同)は0.50倍で、4月の0.48倍から0.02ポイント改善した。

失業率、4月に比べ0・1ポイント悪化 2010/ 6/29 YOMIURI ONLINE

 総務省が29日発表した5月の完全失業率(季節調整値)は5・2%で、4月に比べて0・1ポイント悪化した。
 一方、厚生労働省が同日に発表した5月の有効求人倍率(同)は0・50倍で、4月に比べて0・02ポイント上昇した。

5月の完全失業率、3カ月連続の悪化 消費支出は減少 2010/ 6/29 日本経済新聞

 総務省が29日朝に発表した5月の完全失業率(季節調整済み)は前月に比べ0.1ポイント上昇の5.2%で、3カ月連続で悪化した。2009年12月以来の高い水準。倒産や人員整理による「勤め先都合」の失業者が減少したものの、「新たに収入が必要」な失業者が7万人増えた。
 小数点第2位までみると前月が5.14%、今月が5.17%で、総務省は「実質的に横ばいとみているが、依然として高水準であり、油断できない状況が続いている」(統計局)としている。
 あわせて発表した5月の家計調査は、2人以上の世帯の消費支出が1世帯当たり28万0714円で、物価変動の影響を除いた実質で前年同月比0.7%減少した。2009年度前半に支給された定額給付金効果の反動でこづかい・交際費が減少。加えて天候不順が夏物衣類の買い手控えや、外食の減少などに影響した。

有効求人倍率は0.02ポイント改善 5月0.50倍 2010/ 6/29 日本経済新聞

 厚生労働省が29日朝発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0.02ポイント上昇の0.50倍だった。製造業の雇用回復を背景に2カ月ぶりに上昇に転じ、2009年3月以来の高い水準となった。
 一方、新規求人倍率は0.05ポイント低下の0.83倍。新規求職申込件数が増加したことで求人倍率が下がった。月間有効求人数は3.5%増、月間有効求職者数は0.2%減だった。
 新規求人数は前年同月比12.3%増と、3カ月連続のプラス。製造業(43.5%増)、教育・学習支援業(21.2%増)、運輸・郵便業(15.6%増)などで高い伸びが目立つ。唯一のマイナスは宿泊・サービス業で4.1%減だった。
 正社員の有効求人倍率は0.26倍となり、0.02ポイント上昇した。都道府県別の有効求人倍率は最高が群馬県の0.77倍、最低は沖縄県の0.30倍だった。
 【関連記事】「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 4月失業率 5.1%、有効求人倍率 0.48倍(20100528)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 3月失業率 5.0%、有効求人倍率 0.49倍(20100430)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 2月失業率 4.9%、有効求人倍率 0.47倍(20100330)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 1月失業率 4.9%、有効求人倍率 0.46倍(20100302)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2009年12月失業率 5.1%、有効求人倍率 0.46倍(20100129)」 / 「完全失業率:4カ月ぶり悪化 デフレ影響、0.1ポイント増の5.2%--11月 2009/12/25 毎日jp」 / 「11月の失業率悪化5.2% 求人は改善0.45倍に 2009/12/25 asahi.com」 / 「10月失業率5.1%、0.2ポイント改善 2009/11/27 asahi.com」 / 「有効求人倍率0・43倍…2年4か月ぶり改善 2009/10/30 YOMIURI ONLINE」 / 「9月の失業率5.3%、0.2ポイント改善 求人倍率2年4カ月ぶり上昇 2009/10/30 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/日航、定年後の再雇用凍結 事業の大幅縮小で(20100629) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/非正規雇用者:9月末までの契約切れ増加 厚労省調査(20100629) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48748762

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 5月失業率 5.2%、有効求人倍率 0.50倍(20100629):

« 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/日航、定年後の再雇用凍結 事業の大幅縮小で(20100629) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/非正規雇用者:9月末までの契約切れ増加 厚労省調査(20100629) »