« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/夏のボーナス、2年ぶりプラスに 経団連集計(20100519) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/希望退職者900人 プロミスが募集(20100519) »

2010.05.20

【社労士】労働者災害補償保険法 > 未払賃金/払い賃金を国が立て替え、34.5%増 09年度333億円(20090524)

未払い賃金、国の立て替え334億円 09年度急増 2010/ 5/24 asahi.com

 勤務先が倒産したために支払われなかった賃金を国が立て替える制度の利用が、2009年度に急増していたことが、厚生労働省のまとめで分かった。立て替え払い総額は前年度比34.5%増の約334億円にのぼり、1976年度の制度発足以降、過去3番目に多い額となった。
 立て替え払い制度は、法的整理に入った企業や、事業活動停止など事実上の倒産状態となった中小企業などの労働者が対象。退職日の6カ月前からの給料や退職金(ボーナスは除く)の8割が、年齢によって最大296万円まで支払われる。
 09年度に対象となった企業数は前年度比19.7%増の4357件で、支給者数も同24.5%増の6万7774人で、いずれも過去2番目に多かった。1人当たりの平均額は49万3千円だった。立て替え総額は4年連続の増加で、03年度以来6年ぶりに300億円を超えた。
 業種別では、製造業が立て替え総額の31.5%を占めて最も多く、建設業(16.5%)、商業(14%)が続いた。企業規模別では、従業員300人未満の中小・零細企業が立て替え総額の88.9%を占めた。
 下半期は上半期と比べ、支給者数も立て替え額も10%以上減っており、同省監督課の担当者は「リーマン・ショック後の影響は落ち着いてきている」と話している。

未払い賃金を国が立て替え、34.5%増 09年度333億円 2010/ 5/19 日本経済新聞

 倒産の増加を背景に、企業の未払い賃金を国が立て替える額が増えている。厚生労働省のまとめによると、2009年度の立て替え払い額は前年度に比べ34.5%増の333億9100万円となった。前年度を上回るのは4年連続。支給者数は6万7774人と24.5%増え、1976年の制度発足以降、過去2番目に高い水準となった。
 09年度の対象企業数は4357件と19.7%増えた。3年連続の増加で、4000件を上回るのは03年度以来、6年ぶり。企業規模別では社員30人未満の中小・零細企業が全体の85%を占めた。08年秋以降の景気後退の影響が尾を引き、上期の立て替え払いが多かった。下期は金額、件数ともやや落ち着いている。
 事業停止や経営破綻で賃金を受けとれない労働者を救うため、国は原則として未払い賃金の総額の8割を立て替えている。財源は事業主が負担する労災保険で賄う。立て替えを請求するには裁判所や労働基準監督署などに未払い賃金額の証明書を申請する必要がある。
 【関連記事】「未払い賃金、国の立て替え急増 08年度下半期37%増 2009/ 5/ 8 asahi.com」 / 「未払い賃金の立て替え、7年ぶり200億円下回る 2006/ 8/ 9 NIKKEI NET」 / 「未払い賃金立て替え、03年度は342億円・過去2番目の水準 2004/ 6/28 NIKKEI NET

|

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/夏のボーナス、2年ぶりプラスに 経団連集計(20100519) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/希望退職者900人 プロミスが募集(20100519) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48406293

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > 未払賃金/払い賃金を国が立て替え、34.5%増 09年度333億円(20090524):

« 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/夏のボーナス、2年ぶりプラスに 経団連集計(20100519) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/希望退職者900人 プロミスが募集(20100519) »