« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当支給ひかえ、自治体の子育て支援、縮小の動き(20100503) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/2010年夏ボーナス、2年ぶりプラス 労務行政研(20100506) »

2010.05.05

【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども人口29年連続減少 15歳未満1694万人(20100505)

子どもの人口:29年連続減、全体の13.3% 過去最低 2010/ 5/ 5 毎日jp

 総務省は4日、「こどもの日」に合わせ、4月1日現在の15歳未満の子供の推計人口を発表した。前年比19万人減の1694万人で、82年以来29年連続で減少。総人口に占める割合も前年より0.1ポイント低い13.3%と75年から36年連続で低下し、いずれも過去最低を更新した。
 男女別では、男子868万人(前年比9万人減)、女子826万人(同)。3歳ごとの年齢別では、12~14歳356万人▽9~11歳355万人▽6~8歳338万人▽3~5歳320万人--と年齢が下がるほど減少傾向にある。0~2歳は325万人と3~5歳より多かったが、05~06年にかけて「団塊ジュニア」にあたる20~30代の初婚率 が増加したことに伴い、出生数が増えたことなどの影響とみられる。
 都道府県別(09年10月1日現在)では、前年比で増えたのは東京都のみ。子供の割合は沖縄が17.7%と最も高く▽滋賀15%▽愛知14.6%と続いた。一方、最も低かったのは秋田の11.2%で東京11.9%▽北海道12%の順だった。子供の割合は世界最低水準となっている。

子ども29年連続の減…過去最少1694万人 2010/ 5/ 5 YOMIURI ONLINE

 「こどもの日」にあわせて総務省が4日発表した推計人口(4月1日現在)によると、日本の子供の数(15歳未満人口)は前年比19万人減の1694万人で、比較可能な1950年以降の最少記録を更新した。
 子供の減少は29年連続。総人口(1億2739万人)に占める子供の割合も13・3%と過去最低で、36年連続で低下した。
 子供の数を男女別に見ると、男子が868万人、女子が826万人だった。
 年齢層別では、中学生(12~14歳)が356万人、小学生(6~11歳)が693万人、3~5歳が320万人、0~2歳が325万人だった。
 都道府県別(2009年10月1日現在)の子供の割合は、沖縄県が17・7%で最も高く、滋賀県15・0%、愛知県14・6%が続いた。最低は秋田県の11・2%だった。前年より割合が増えたのは0・1ポイント増の11・9%となった東京都だけだった。
 一方、国連人口統計年鑑(07年版)で、推計時点が00年以降で人口4000万人以上の国と比較すると、総人口に占める子供の割合は、ドイツ13・6%、韓国16・8%、米国20・0%、インド35・3%などで、日本が最も低かった。

子ども人口29年連続減少 4月時点1694万人に 2010/ 5/ 4 日本経済新聞

 総務省が「こどもの日」にちなみ4日発表した推計人口(今年4月1日時点)によると、15歳未満の子どもの数は前年より19万人少ない1694万人だった。子どもの人口は29年連続の減少で、比較可能なデータのある1950年以降、最低記録を更新。総人口に占める割合は前年を0.1ポイント下回る13.3%で、36年連続で低下した。少子化の進行が改めて浮き彫りになった。
 男女別では男子が868万人、女子が826万人。3歳ごとの年齢層別では中学生の12~14歳が356万人と最も多く、最少は3~5歳の320万人だった。
 都道府県別の子どもの割合(昨年10月1日時点)をみると、沖縄が17.7%と最も高く、次いで滋賀(15.0%)、愛知(14.6%)が続いた。最も低かったのは秋田の11.2%だった。
 前年比で増えたのは0.1ポイント増えた東京(11.9%)だけ。引っ越しなど社会要因が原因とみられる。福岡(13.9%)は増減がなく、その他の45道府県では前年を下回った。地方での少子化傾向が目立つ。
 日本の子どもの割合は、主要国と比べても低い。米国(2009年11月時点)は20.0%、中国(09年12月時点)は18.5%、韓国(09年7月時点)は16.8%などとなっている。
 【関連記事】「「子どもの数」28年連続減、過去最少の1714万人 2009/ 5/ 5 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当支給ひかえ、自治体の子育て支援、縮小の動き(20100503) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/2010年夏ボーナス、2年ぶりプラス 労務行政研(20100506) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48276868

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども人口29年連続減少 15歳未満1694万人(20100505):

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当支給ひかえ、自治体の子育て支援、縮小の動き(20100503) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/2010年夏ボーナス、2年ぶりプラス 労務行政研(20100506) »