« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革/「社会保障番号」海外の3事例参考に検討(20100529) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/高校無償化:朝鮮学校対象外で勧告へ(20100529) »

2010.05.30

【社労士】労働者災害補償保険法 > 労働事故/職場の健診、精神疾患も対象 政府「自殺・うつ対策」(20100529)

職場の健診、精神疾患も対象 政府「自殺・うつ対策」 2010/ 5/29 asahi.com

 年間3万人を超える自殺を防ぐため、厚生労働省は28日「自殺・うつ病等対策」をまとめた。職場での健康診断で精神疾患も対象とし、企業に取り組みの強化を求める。精神保健医療の充実も含め、法制化を目指す。
 国が職場の対策に踏み込むのは異例だ。具体的には、精神疾患がある労働者を把握するため、企業が実施する定期健康診断に項目を加える。一方、企業側が従業員の精神疾患を把握することによるプライバシー侵害や、人事への影響を懸念する声があり、労働者が不利益を受けない方策も検討課題だ。
 31日には専門家や労使代表でつくる「職場におけるメンタルヘルス対策検討会」を立ち上げ、法制化を含めた方針づくりを進める。
 精神科医や患者、家族ら90人が集まる民間組織「こころの健康政策構想会議」も28日、国を挙げてこころの問題に取り組むための政策提言書と「精神疾患対策基本法案」を長妻昭厚労相に提出した。同省はこれを受け、31日に「新たな地域精神保健医療体制の構築に向けた検討チーム」を立ち上げ、政策の実現や法案の早期成立を目指す。
 構想会議は「多職種チームによる医療の提供とアウトリーチ(訪問活動)」を提言書の目玉とした。自治体が人口10万人あたりに一つ、医師や精神保健福祉士、臨床心理士らによるチームを設置。いつでも電話相談に応じて相談者のもとに出向き、必要な医療や福祉サービスに結びつける。こうした活動で「3分診療から30分医療へ」「患者を病院・施設から地域へ」の実現を目指す。
 【関連記事】「うつ病 健診でチェック…政府方針、11年度から 2010/ 4/20 yomiDr.」 / 「【社労士】労働一般常識 > 自殺対策基本法/うつ病対策など強化へ(20100404)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 自殺対策基本法/「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」 初会合(20100121)」 / 「自殺者、12年連続で3万人超 1~11月集計  2009/12/25 NIKKEI NET」 / 「職安に自殺相談窓口 政府、対策チーム緊急プラン 2009/11/27 NIKKEI NET」 / 「自殺、過去最悪ペース 今年上半期は1万7076人 2009/ 7/28 asahi.com」 / 「1―4月の自殺者、1万1236人 警察庁、年間最悪の恐れも  2009/ 5/27 NIKKEI NET」 / 「全国の自殺者 11年連続で3万人超 2009/ 4/ 2 YOMIURI ONLINE」 / 「自殺者、1月は2645人…いのち守る動き広がる 2009/ 3/ 5 YOMIURI ONLINE」 / 「自殺、10年連続3万人 2008/ 6/19 YOMIURI ONLINE」 / 「自殺率、2016年までに2割以上削減・政府が対策大綱 2007/ 6/ 8 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革/「社会保障番号」海外の3事例参考に検討(20100529) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/高校無償化:朝鮮学校対象外で勧告へ(20100529) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48494964

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労働事故/職場の健診、精神疾患も対象 政府「自殺・うつ対策」(20100529):

« 【社労士】社会一般常識 > 社会保障制度改革/「社会保障番号」海外の3事例参考に検討(20100529) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/高校無償化:朝鮮学校対象外で勧告へ(20100529) »