« 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制/後発医薬品国内最大手、仏製薬最大手と提携(20100528) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率/都の4月有効求人倍率0.62倍 5カ月連続上昇、求職件数が減少(20100529) »

2010.05.30

【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/高卒を正規採用の企業に15万円助成…長崎県(20100528)

高卒を正規採用の企業に15万円助成…長崎県 2010/ 5/28 YOMIURI ONLINE

 長崎県は、今春高校を卒業した未就職者を正社員として採用する県内の中小企業に対し、1人当たり15万円を助成する方針を決めた。
 県によると、九州・山口では初めての取り組み。
 同県内の今春の高校卒業生のうち3546人が就職を希望。しかし県内の求人数が前年比約800件減ったこともあり、265人の就職先が決まっていない。
 若者がフリーターや若年無業者(ニート)になることを防ぎ、県内での就職を促すため、助成制度を設けることにした。
 助成の金額は、県内の高卒就職者の初任給を参考にしたという。
 6月3日開会の県議会に提案する一般会計補正予算案に、約80人分の約1200万円を盛り込んだ。可決されれば、7月から助成を始める予定。
 長崎県では、特に県内企業への就職が厳しく、求職者が県外に流出することが懸念されている。県雇用労政課は「求人数が減少する中、社会経験のない高卒者が、ほかの求職者と同じ土俵で仕事を探すのは難しい。助成をきっかけに若い人材に県内で活躍してもらい、地域の活性化につなげたい」としている。
 【関連記事】「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 4月失業率 5.1%、有効求人倍率 0.48倍(20100528)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 2月失業率 4.9%、有効求人倍率 0.47倍(20100330) 」 / 「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 1月失業率 4.9%、有効求人倍率 0.46倍(20100302)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2009年12月失業率 5.1%、有効求人倍率 0.46倍(20100129)」 / 「完全失業率:4カ月ぶり悪化 デフレ影響、0.1ポイント増の5.2%--11月 2009/12/25 毎日jp」 / 「11月の失業率悪化5.2% 求人は改善0.45倍に 2009/12/25 asahi.com」 / 「10月失業率5.1%、0.2ポイント改善 2009/11/27 asahi.com」 / 「有効求人倍率0・43倍…2年4か月ぶり改善 2009/10/30 YOMIURI ONLINE」 / 「9月の失業率5.3%、0.2ポイント改善 求人倍率2年4カ月ぶり上昇 2009/10/30 NIKKEI NET」 / 「失業率微減5.5%、求人は横ばい0.42倍 8月 2009/10/ 2 asahi.com」 / 「8月の失業率、7カ月ぶり低下 求人倍率最悪続く 2009/10/ 2 NIKKEI NET」 / 「失業率、「6%台へ上昇」の指摘も 労働市場、予断許さず 2009/10/ 2 NIKKEI NET」 / 「8月の完全失業率5.5% 前月比0.2ポイント低下 2009/10/ 2 NIKKEI NET

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制/後発医薬品国内最大手、仏製薬最大手と提携(20100528) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率/都の4月有効求人倍率0.62倍 5カ月連続上昇、求職件数が減少(20100529) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48494687

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/高卒を正規採用の企業に15万円助成…長崎県(20100528):

» 【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法 [あれ欲しい]
JUGEMテーマ:就職活動 あなたの自分の人生を左右する「仕事」。 そのための... [続きを読む]

受信: 2010.06.02 17:11

« 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制/後発医薬品国内最大手、仏製薬最大手と提携(20100528) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 失業率/都の4月有効求人倍率0.62倍 5カ月連続上昇、求職件数が減少(20100529) »