« 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ/協会けんぽの保険料率9.6~9.8%に上昇 来年度(20100526) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家公務員2種、申込者2割増(20100527) »

2010.05.27

【社労士】労働一般常識 > 労働問題/東京都教委:「心の病」復帰の教員支援 訓練機関を開設へ(20100526)

東京都教委:「心の病」復帰の教員支援 訓練機関を開設へ 2010/ 5/26 毎日jp

 東京都教委は28日、精神疾患で休職した教員のスムーズな職場復帰を支援する訓練機関「リワークプラザ東京」を開設する。心の病で休職した教員のための専門的な訓練機関は全国でも珍しい。これまで希望者のみの参加だった復職への訓練を基本的に必須とし、プラザで組織的に対応する。都教委は「教員に寄り添って、円滑な職場復帰を応援したい」としている。
 都教委によると、08年度の都内の公立学校教員の休職者788人のうち、540人は精神疾患が原因。また、都内の全教員のうち精神疾患で休職している教員の割合は0・94%で、全国平均の0・59%より高かった。職場復帰しても再休職する割合も07年度には22・6%あった。
 休職者が主治医から病気が快方に向かっていると判断されると、臨床心理士と校長OBなどがペアとなった「復職アドバイザー」が、学校と相談しながら個々に応じたプログラムを作成。アドバイザーが支援しながら原則3カ月間、学校で訓練する。第1段階は週3日、半日程度ずつ出勤。第2段階では週3~5日、他の教員の授業参観や清掃指導などを通じて児童生徒と接する。最終段階は、管理職の前で授業をする。訓練終了後、都教委や精神科医、アドバイザーの合議で復帰の可否を判断する。
 【関連記事】「心病む先生、最多5400人 08年度、業務多忙でストレス 2009/12/25 NIKKEI NET」 / 「教員のうつ傾向が深刻 一般企業の2.5倍 2008/10/29 NIKKEI NET」 / 「企業の健康対策広がる、「心のケア」3割が実施 厚労省調査 2008/10/10 NIKKEI NET」 / 「心の病「増加傾向」 上場企業の60% 社会経済生産性本部調べ 2008/ 8/13 NIKKEI NET」 / 「「健康に不安」66%、心の健康は7割が意識 2008/ 7/27 asahi.com」 / 「職場ストレス 過労自殺招く 2008/ 6/19 YOMIURI ONLINE」 / 「自殺、10年連続3万人 2008/ 6/19 YOMIURI ONLINE」 / 「過労自殺過去最多の81人、心の病で労災急増 07年度 2008/ 5/23 asahi.com」 / 「企業の55%、心の健康すぐれぬ社員「増加」・民間調査  2008/ 4/25 NIKKEI NET」 / 「過労で労災 年々増加 2008/ 3/21 YOMIURI ONLINE」 / 「心の健康「不安」3人に1人…本社調査 2007/12/25 YOMIURI ONLINE」 / 「精神障害が急増、300万人突破…07年版白書 2007/ 6/15 YOMIURI ONLINE」 / 「うつ病などで労災認定、1.6倍と急増 過労自殺も最多 2007/ 5/16 asahi.com」 /「過労死、「労組にも責任」 遺族が民事調停申し立て 2007/ 7/31 asahi.com」 / 「「過労死は自己管理の問題」奥谷氏発言が波紋 2007/ 2/ 7 asahi.com」 / 「「心の病」抱える社員が増加、30歳代が6割 2006/ 8/ 6 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ/協会けんぽの保険料率9.6~9.8%に上昇 来年度(20100526) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家公務員2種、申込者2割増(20100527) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48468475

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 労働問題/東京都教委:「心の病」復帰の教員支援 訓練機関を開設へ(20100526):

« 【社労士】健康保険法 > 協会けんぽ/協会けんぽの保険料率9.6~9.8%に上昇 来年度(20100526) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家公務員2種、申込者2割増(20100527) »