« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/公務員法案、参院で審議入り(20100519) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/東洋シヤッター、再び一時帰休 1カ月間に最大4日(20090519) »

2010.05.20

【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家公務員採用半減、治安・安全業務は除外(20100519)

「就職難なのに」学生らに動揺…公務員採用半減 2010/ 5/19 YOMIURI ONLINE

 来春の国家公務員の新規採用数を、2009年度に比べ「おおむね半減」させるとした鳩山政権の方針を巡って、公務員志望の学生や、大学の就職担当者の間に動揺が広がっている。
 来年の新規採用を減らすのは、「天下りの全廃」という民主党の公約を受け、定年前に辞める官僚が激減しているため。しかし、今回の方針は国家公務員採用試験の直前に発表されただけに現場の混乱は大きく、「なぜ就職難のこの時期に」と怒りの声も上がっている。
 「国の試験なのに、今になって条件を変えるなんて」「中高年の公務員は安泰で、なぜ就職難の若者だけが苦しめられるのか」
 札幌市の資格試験予備校「LEC東京リーガルマインド札幌本校」で、公務員講座を担当する講師の小堀学さん(36)のもとには、大型連休以降、受講生から不安や憤りの声が20件以上寄せられている。
 政府が「おおむね半減」という方針を打ち出したのは4月27日。この時点で、すでに国家公務員1・2種や国税専門官などの試験は応募が締め切られており、5月2日の1種の1次試験まで、あと5日という本番寸前のタイミングだった。
 この方針を実現しようと、総務省が各省庁に提示したのは、1種や本省の2種の採用は09年度に比べて2割減、国税専門官などの専門職種は5割減、地方の出先機関は8割減とする案。小堀さんが指導している受講生には、専門職種の志望者も多く、大幅な削減案には動揺も広がったという。
 小堀さんはこう指摘する。
 「中央と地方の関係や、必要な公務員の数などを十分議論しないまま、未来ある若者の採用だけを抑制すれば、彼らは政治や社会に不信感を抱きかねない」
 各省庁とも専門職種については、今年2月の段階で「国税専門官が約850人」「労働基準監督官は約120人」などと採用予定数を公表している。総務省の削減案が実現すると、実際の採用数は大幅に減るため、「受験生をだました形になってしまう」と頭を抱える省庁の担当者もいる。
 影響は、2種の受験者が多い地方の大学にも広がっている。
 愛媛大学就職支援課によると、民間への就職が厳しい中、就職浪人して2年続けて国家公務員試験に挑戦する学生が増えていて、担当者は「今年の試験に懸けていた学生は、がく然としているはず。もっと早く方針を打ち出してくれれば」と戸惑いを隠さない。
 各職種別の新規採用数は当初、先週の閣議で決まる予定だったが、多くの省庁が難色を示しており、18日の閣議でも決定できなかった。それでも、「天下り廃止」の方針で、定年前に早期勧奨退職で辞める職員が減っている現状では、新規採用は減らさざるを得ない。
 「天下り」が多い1種の削減率は少なく、「天下り」があまりない出先機関の職員の採用が大幅に減らされるという矛盾も指摘されている。ある省庁の採用担当者は「天下り廃止のしわ寄せを、出先機関に押しつけた形で、理屈に合わない。今になって受験生を混乱させたことも申し訳ない思いでいっぱい」と話した。

国家公務員採用半減、治安・安全業務は除外 2010/ 5/19 YOMIURI ONLINE

 政府は19日、2011年度の一般職国家公務員の新規採用数を09年度採用実績と比べて「おおむね半減」させるとした抑制目標について、刑務官や海上保安官など治安・安全業務に携わる専門職種に限り、削減幅を圧縮する例外を認める方針を固めた。
 抑制目標には、法務省が刑務官などを含む一律削減に反対していたが、特例措置によって同省も抑制目標を受け入れるため、21日にも閣議決定される見通しとなった。
 特例は「治安と安全には一定の業務水準を確保する必要がある」との判断から認めることとなった。削減幅の圧縮を認める専門職種はほかに、入国警備官と航空管制官とする方向だ。閣議決定では「原則は半減だが、総務相が特別に認める場合はこの限りでない」との規定を設け、対象を明示する。
 特例が認められる専門職種の09年度採用実績は、刑務官888人、入国警備官158人、海上保安官452人、航空管制官92人。総務省は当初、09年度実績比でいずれも5割削減を求めていたが、特例規定により、海上保安官と航空管制官はそれぞれ09年度実績並みの新規採用を認め、刑務官と入国警備官も新たな削減幅を調整している。
 総務省は「おおむね半減(5割削減)」を実施した場合、政府全体の11年度新規採用数は09年度実績の9112人に対し、4500人強に抑えられると試算していた。特例規定により、削減幅は少なくとも約300人圧縮され、新規採用数は4800人を上回る計算で、全体の削減幅は4割台となる見込みだ。
 【関連記事】「【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家公務員採用抑制 閣議決定見送り(20100518)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家公務員採用 キャリア2割減、地方8割減 来年度(20100513)」 / 「国家公務員幹部に専門職・希望退職制 退職管理方針原案 2010/ 5/ 7 asahi.com」 / 「公務員に希望退職優遇制、勧奨退職は当面存続 2010/ 5/ 1 YOMIURI ONLINE」 / 「国家公務員1221人に退職勧奨、拒否は2人 新政権で 2010/ 4/21 asahi.com」 / 「定年前出向で新人枠…国家公務員の退職方針案 2010/ 3/20 YOMIURI ONLINE」 / 「勧奨退職なければ、国家公務員の新規採用44%減 2010/ 3/13 YOMIURI ONLINE」 / 「【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家公務員 65歳まで勤務なら人件費2割増(20100223)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/公務員改革法案(20100220)」 / 「公務員法改正案、19日決定…次官見直し付則に 2010/ 2/18 YOMIURI ONLINE」 / 「【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/公務員改革法案(20100217)」 / 「公務員法改正案、「次官」「部長級」同格に 運用は困難との見方も 2010/ 2/15 asahi.com」 / 「【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/公務員改革法案(20100213)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/公務員改革法案(20100211)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/公務員改革法案(20100210)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/公務員改革法案(20100205)」 / 「公務員、次官から部長級へ降格も 仙谷戦略相が新規定検討 2010/ 2/ 2 NIKKEI NET」 / 「公務員改革法案 首相「事務次官降格も」 2010/ 1/29 NIKKEI NET」 / 「公務員の労働基本権付与、通常国会は見送り 行刷相 2009/12/15 NIKKEI NET」 / 「公務員基本権、15日に報告書  2009/12/ 9 NIKKEI NET」 / 「公務員制度改革:労働基本権付与で3素案 練り直しに 2009/12/ 2 毎日jp」 / 「公務員改革「議論を尽くして」…江利川人事院総裁 2009/11/19 YOMIURI ONLINE」 / 「国家公務員の労使交渉、59%が導入に肯定的 内閣府世論調査  2009/10/15 NIKKEI NET」 / 「国家公務員、労使交渉3段階で 政府検討委、人勧制度の廃止前提 2009/10/15 NIKKEI NET」 / 「甘利行革相、「労働協約締結権」検討前倒し要請 2008/12/ 3 NIKKEI NET」 / 「労働協約締結権の対象拡大、行革相「来年早期に結論」 2008/11/27 NIKKEI NET」 / 「公務員に労働協約締結権 「人勧制度」廃止…政府調査会報告 2007/10/19 YOMIURI ONLINE」 / 「公務員に労働協約締結権、政府調査会検討 2007/10/18 NIKKEI NET」 / 「国家公務員:協約締結権を付与 能力主義に対応 政府方針 2007/10/ 6 毎日.jp

|

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/公務員法案、参院で審議入り(20100519) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/東洋シヤッター、再び一時帰休 1カ月間に最大4日(20090519) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48406407

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家公務員採用半減、治安・安全業務は除外(20100519):

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/公務員法案、参院で審議入り(20100519) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/東洋シヤッター、再び一時帰休 1カ月間に最大4日(20090519) »