« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当て見直し求め11首長が「首長の会」(20100511) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家公務員採用 キャリア2割減、地方8割減 来年度(20100513) »

2010.05.12

【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/看護師志望のインドネシア人、試験に落ちても平気(20100511)

看護師志望のインドネシア人、試験に落ちても平気 2010/ 5/11 yomiDr.

 日本で2008年度に始まったインドネシア人看護師、介護福祉士候補者の受け入れ事業では、大半の候補者が日本語の国家試験をパスできず、3年で帰国を余儀なくされそうだ。
 だが、次に日本を目指す若者たちは悩まない。笑顔でこう言うのだ。「とりあえず、日本に行ければ御の字です」
 看護師候補者は、来日して医療機関で「看護助手」として働きながら3年以内に国家試験に合格しないと、帰国を強いられる。約270人のインドネシア人候補者のうち合格者はこれまで2人だけ。約100人の08年度来日組は、受験機会があと1回しかない。(以降略)
 【関連記事】「インドネシア人看護師候補「合格後も働いて」9割 厚労省調査 2010/ 4/ 8 日本経済新聞」 / 「「インドネシアでの話と違う」看護師研修生が途中帰国 2009/11/19 YOMIURI ONLINE」 / 「国家試験、言葉の壁訴え 外国人看護師ら受け入れ施設 2009/11/ 2 asahi.com」 / 「インドネシア人看護師・介護士、受け入れ人数が予定の2割 2009/ 4/14 YOMIURI ONLINE」 / 「看護の志、言葉の壁 でも「頑張ります」 ルポにっぽん 2009/ 3/ 2 asahi.com」 / 「インドネシア人の介護士101人、特養で働き始める 2009/ 1/29 YOMIURI ONLINE」 / 「インドネシア人看護師ら日本語研修大詰め 2008/12/22 YOMIURI ONLINE」 / 「介護の勉強、頑張ります インドネシア研修生が施設見学 2008/11/ 5 asahi.com」 / 「インドネシア人の看護師候補ら、研修の開講式に出席 2008/ 8/ 9 NIKKEI NET」 / 「介護・看護師目指し来日 インドネシアから205人 2008/ 8/ 7 NIKKEI NET」 / 「インドネシア人看護師ら、100病院・施設が受け入れ 2008/ 8/ 7 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当て見直し求め11首長が「首長の会」(20100511) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家公務員採用 キャリア2割減、地方8割減 来年度(20100513) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48336620

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/看護師志望のインドネシア人、試験に落ちても平気(20100511):

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当て見直し求め11首長が「首長の会」(20100511) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/国家公務員採用 キャリア2割減、地方8割減 来年度(20100513) »