« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/臨床研修で「救急治療」向上(20100417) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/平均時給2228円 14年ぶりに低水準(20100418) »

2010.04.18

【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金/りそな銀訴訟、OB側の敗訴確定(20100417)

りそな銀行年金減額訴訟、OB側の敗訴確定 2010/ 4/17 YOMIURI ONLINE

 りそな銀行のOBら10人が、退職後に企業年金の支給額を引き下げたのは不当だとして、同行や「りそな企業年金基金」に、減額分の支払いなどを求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は減額を認めた1、2審判決を支持し、原告の上告を退ける決定をした。
 決定は15日付。原告の敗訴が確定した。
 同行側は2003年、同行の経営状態が悪化して資本不足に陥り、公的資金を注入されたことから、翌04年、年金支給額を平均約13%減額することを決定。厚生労働相の認可を受け、減額した。
 原告は「同意しておらず、無効」と主張したが、1審・東京地裁、2審・東京高裁判決とも、経営状態の悪化や、年金受給者の約8割が減額に賛成したことなどから、「減額はやむを得なかった」として請求を棄却していた。
 【関連記事】「りそな銀退職者訴訟、年金受給の減額認める・東京地裁 2008/ 3/26 NIKKEI NET

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/臨床研修で「救急治療」向上(20100417) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/平均時給2228円 14年ぶりに低水準(20100418) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48116101

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金/りそな銀訴訟、OB側の敗訴確定(20100417):

« 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/臨床研修で「救急治療」向上(20100417) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/平均時給2228円 14年ぶりに低水準(20100418) »