« 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労働事故/うつ病、健診でチェック(20100420) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/わたり天下り57人(20100420) »

2010.04.21

【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/新入社員初任給、大手96.6%据え置き(20100426)

大手企業の96%が初任給「据え置き」 2年連続9割超 2010/ 4/26 asahi.com

 今年度の新入社員の初任給は昨年度と同じに据え置いた企業が2年連続で9割を超えたことが、民間の労務行政研究所の調査でわかった。
 3月から4月上旬にかけて、東証1部上場などの大手企業に調査。238社が回答した。据え置いた企業は96.6%で、リーマン・ショック直後の昨年度より4ポイント増えた。
 前年度と比較が可能な企業についてみると、大卒(175社)の平均初任給は昨年度より70円増の20万5641円、高卒(158社)は同72円増の16万996円だった。
 バブル経済崩壊後、初任給を据え置く動きが広がり、2002年度からは4年連続で9割を超えた。08年度は66.8%まで下がったが、昨年度は9割台に戻った。同研究所の担当者は「景気は回復傾向にあるが、今の4年生の就職活動は厳しい。デフレ懸念もあり、来年度の初任給にも今のところ明るい材料はない」と話している。

新入社員の初任給、大手96・6%据え置き 2010/ 4/20 YOMIURI ONLINE

 大手企業の96・6%が新入社員の初任給を前年度と同額に据え置いたことが、民間の調査機関「労務行政研究所」のアンケートで分かった。
 前年度比3・9ポイント増で、厳しかった新卒の就職状況が賃金にも反映していた。
 238社の回答をまとめたもので、同研究所は、全体として他社よりもいい条件で人材を得ようという意欲が低かったためと分析している。初任給の平均額は大学卒で前年度比70円増の20万5641円、高校卒が同72円増の16万996円だった。
 初任給を据え置く企業の割合は、デフレ不況下の2002年度から05年度まで90%超で推移。06年度からは団塊世代の大量退職などで新卒採用に覇気が復活し、据え置く企業の割合は低下傾向にあったが、昨年度はリーマンショックの影響を引きずって、92・7%に上昇していた。
 【関連記事】「09年の大卒初任給横ばい、08年比0.1%増 厚労省調査 2009/11/18 NIKKEI NET」 / 「09年大卒初任給19.88万円 高卒とともに横ばい 2009/11/18 asahi.com」 / 「新入社員の初任給、過去最低の伸び 2009/ 9/29 YOMIURI ONLINE」 / 「新卒初任給、「据え置き」が増加 今春87%、経団連調べ 2009/ 9/29 NIKKEI NET」 / 「09春の初任給、据え置きが9割強 引き上げは大幅減、民間調査  2009/ 4/17 NIKKEI NET」 / 「大卒初任給、今春2年ぶり増 19万8700円 2008/11/20 asahi.com」 / 「新卒者の初任給、2年連続で1000円超上昇 2008/ 9/ 9 YOMIURI ONLINE」 / 「3社に1社が初任給引き上げ、4月新入社員・民間調査  2008/ 4/18 NIKKEI NET」 / 「地銀や信託、初任給上げ相次ぐ・人材確保狙う 2008/ 3/15 NIKKEI NET」 / 「今春の大卒初任給1354円アップ…10年ぶり高い伸びに 2007/ 9/ 3 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労働事故/うつ病、健診でチェック(20100420) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/わたり天下り57人(20100420) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48142395

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 賃金動向/新入社員初任給、大手96.6%据え置き(20100426):

« 【社労士】労働者災害補償保険法 > 労働事故/うつ病、健診でチェック(20100420) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/わたり天下り57人(20100420) »