« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/雇用・労働関連の2独法が改革案(20100415) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/2009年 失業3か月以上が200万人超(20100415) »

2010.04.16

【社労士】労働者災害補償保険法 > 過労死/時事通信元記者 過労死訴訟棄却(20100415)

時事通信元記者、過労死訴訟棄却 業務と疾病の関係否定 2010/ 4/15 日本経済新聞

 時事通信社の政治部記者(当時36)が糖尿病の合併症で死亡したのは、過重労働が原因だったとして、遺族が労災と認めなかった中央労働基準監督署の処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁(渡辺弘裁判長)は15日、請求を棄却した。
 渡辺裁判長は「業務は精神的、身体的に著しく負荷が大きかった」としながらも、「疾病の発症とストレスとの関係に確立した医学的知見はなく、疾病が業務に起因したとはいえない」と判断した。
 訴えていたのは、同社の首相官邸記者クラブに所属していた森田一樹さんの遺族。森田さんは1997年5月に体調不良を訴え、同6月に糖尿病の合併症が原因で死亡した。遺族は99年に労災申請したが、労基署が病気と仕事の因果関係を認めず退けたため提訴していた。
 【関連記事】「過労自殺 賠償命令9900万円 九電工に福岡地裁 2009/12/ 3 asahi.com」 / 「福岡県職員の自殺、過労との因果関係認定 福岡地裁 2009/10/28 asahi.com」 / 「過労で心の病、最多269人 08年度の労災認定  2009/ 6/ 8 NIKKEI NET」 / 「地方公務員、「心の病」で休職が10年で4倍 07年度調査 2009/ 2/15 NIKKEI NET」 / 「地方公務員に「心の病」急増、背景に職員の負担増 2007/ 8/20 YOMIURI ONLINE」 / 「「心の病」抱える社員が増加、30歳代が6割 2006/ 8/ 6 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/雇用・労働関連の2独法が改革案(20100415) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/2009年 失業3か月以上が200万人超(20100415) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/48098274

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働者災害補償保険法 > 過労死/時事通信元記者 過労死訴訟棄却(20100415):

« 【社労士】労働一般常識 > 公務員制度/雇用・労働関連の2独法が改革案(20100415) | トップページ | 【社労士】労働一般常識 > 雇用動向/2009年 失業3か月以上が200万人超(20100415) »