« 【社労士】社会一般常識 > 厚労省改革/厚労相 民間から広報専門職員公募(20100324) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当 給食費滞納者は窓口で(20100325) »

2010.03.25

【社労士】健康保険法 > 医療費問題/静岡県吉田町、勤務中は禁煙(20100324)

静岡県吉田町、勤務中は禁煙  2010/ 3/24 yomiDr.

 7月から「県内自治体では初めて」
 静岡県吉田町は、職員が勤務中に喫煙することを7月から全面的に禁止する。
 大阪市が今年10月から、勤務中の職員は禁煙とする方針を打ち出しているが、県健康増進室は「県内の自治体では初めての取り組みではないか」としている。
 今月17日の町議会一般質問で、町職員の喫煙について問われた田村典彦町長は、「厳密に言えば、勤務中の喫煙は地方公務員法35条が定める『職務専念義務』に違反すると言わざるを得ない」と述べたうえで、「(現在は)公務への影響が生じない最小限の範囲で認めているが、勤務中の喫煙が少なからず時間、職務上のロスであることは否めない。本日(17日)から6月30日まで自粛期間とし、7月1日から禁煙に踏み切りたい」と“宣言”した。
 同町では、現在は役場に勤務する職員は庁舎外の喫煙所で喫煙しなければならないが、今後は昼休みの1時間を除き、仕事で庁舎外にいる時も含め、勤務中の喫煙は一切できなくなる。
 「禁煙」を突然申し渡された職員は驚きを隠せない様子。「これを機にたばこをやめられれば」と前向きにとらえる男性職員がいた一方、「決まったことなので従うしかないが、長年吸い続けており、禁煙できるかどうか不安」と悩ましげに語る男性職員もいる。
 自身、38歳の時に禁煙したという田村町長は、「職員が勤務中に喫煙するのは町民から良くない印象を持たれる」と禁煙を決めた理由を説明している。
 【関連記事】「【社労士】健康保険法 > 医療費問題/職場は全面禁煙か喫煙室設置(20100215)」 / 「職場の禁煙義務付けへ 厚労省、飲食店・交通機関も規制 2010/ 2/ 7 asahi.com」 / 「公的施設での屋内喫煙を規制、神奈川県の条例が成立 2009/ 3/24 YOMIURI ONLINE」 / 「全国初の受動喫煙防止条例、成立へ 神奈川県 2009/ 3/18 asahi.com」 / 「病院・交通機関など「全面禁煙とするべき」…厚労省が通知へ 2009/ 3/ 4 YOMIURI ONLINE」 / 「全面禁煙から大幅後退 神奈川県の受動喫煙防止条例素案 2009/ 1/14 asahi.com」 / 「全面禁煙道険し 「喫煙客失う」と飲食店懸念 2008/12/19 NIKKEI NET」 / 「日本人の喫煙率、08年は25.7%で最低更新 JT調査 2008/10/23 NIKKEI NET」 / 「喫煙率12年連続減26%…JT調査 女性は2年ぶり増 2007/10/18 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 厚労省改革/厚労相 民間から広報専門職員公募(20100324) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当 給食費滞納者は窓口で(20100325) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47903094

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療費問題/静岡県吉田町、勤務中は禁煙(20100324):

« 【社労士】社会一般常識 > 厚労省改革/厚労相 民間から広報専門職員公募(20100324) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当 給食費滞納者は窓口で(20100325) »