« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当、衆院通過 年度内成立へ(20100316) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金/退職慰労年金訴訟 2審判決破棄 差し戻し(20100316) »

2010.03.17

【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/日航 パイロットも早期退職募集(20100316)

日航、パイロットも早期退職 全職種に対象拡大  2010/ 3/16 NIKKEI NET

 会社更生手続き中の日本航空は16日、現在募集している早期退職の対象をパイロットに広げると発表した。グループ全社員(約5万1800人)の5%にあたる2700人を早期退職により削減する方針で、これまで地上や客室乗務の管理職、同一般社員、整備と対象範囲を広げてきた。特殊な技能職として特別扱いされてきたパイロットが今回加わり、全職種が早期退職の対象となる。
 中核運航会社の日本航空インターナショナル(東京・品川)に籍を置く機長1500人強、35歳以上の副操縦士800人弱に応募を呼びかける。5月末の退職を見込む。
 パイロット対象の早期退職は1990年代後半に募集したことがあるが、実際の応募は数人だったという。今回も、どれだけ応募があるかは不透明だ。

パイロットからも早期退職募集 日航、2300人を対象 2010/ 3/16 asahi.com

 会社更生手続き中の日本航空は16日、機長と副操縦士のうち、35歳以上の計2300人を対象に特別早期退職を募集すると発表した。日航はすでに地上職や客室乗務員向けに募り始めており、これで全職種が早期退職募集の対象になる。
 今回は18日から4月16日まで募り、退職日は5月末。割り増し退職金を支払うが、割増額は明らかにしていない。特別早期退職は、グループ全体で2700人(中核企業の日航インターナショナルが1700人)を募る計画。割り増し退職金を支払っても、2010年度の人件費が180億円削減できるという。
 【関連記事】「【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/日航 次課長以下も早期退職募集(20100310)」 / 「日航、早期退職2700人募集 まず管理職400人対象に 2010/ 3/ 1 NIKKEI NET」 / 「【社労士】労働一般常識 > 賃金問題/日航 人件費削減(20100220)」 / 「【社労士】労働一般常識 > 賃金問題/日航 給与5%下げ、年間一時金ゼロ提案(20100219)」 / 「日航の最大労組、年末一時金ゼロ受け入れ 2009/12/10 NIKKEI NET」 / 「日航が冬のボーナス全額カット、労組に提案 2009/11/ 6 YOMIURI ONLINE」 / 「日航、一時金減額の協議へ 最大労組に申し入れ 2009/11/ 5 NIKKEI NET

|

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当、衆院通過 年度内成立へ(20100316) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金/退職慰労年金訴訟 2審判決破棄 差し戻し(20100316) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47835406

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 雇用問題/日航 パイロットも早期退職募集(20100316):

« 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/子ども手当、衆院通過 年度内成立へ(20100316) | トップページ | 【社労士】国年法・厚年法 > 企業年金/退職慰労年金訴訟 2審判決破棄 差し戻し(20100316) »