« 【社労士】社会一般常識 > 障害者自立支援法/集団訴訟 国と障害者ら和解へ(20100301) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/開業医が夜間2次救急支援(20100301) »

2010.03.02

【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/「救急は名ばかり」 大阪地裁言及(20100301)

「救急は名ばかり」大阪地裁言及 妊婦の遺族訴えは棄却 2010/ 3/ 1 asahi.com

 奈良県大淀町の町立大淀病院で2006年8月、出産中に意識を失った高崎実香さん(当時32)が19病院から受け入れを拒否された末に脳内出血で死亡したことをめぐり、夫の晋輔さん(27)=奈良県三郷町=ら遺族が大淀町と当時の担当医師(62)に慰謝料など約8800万円の賠償を求めた訴訟で、大阪地裁の大島真一裁判長(島村雅之裁判長代読)は1日、医師の過失を認めず、遺族の請求を棄却する判決を言い渡した。
 しかし判決は、判決理由を述べた後に「付言」として異例の意見を述べ、妊婦らの救急搬送先が決まらず、30分以上待機した例が08年に全国で約1千件あったなどとする消防庁発表の調査を挙げ、「救急医療とは名ばかり」と批判。「救急医療の整備・確保は国や地方自治体の最も基本的な責務」と言及した。
 判決によると、実香さんは入院中の06年8月8日午前0時すぎ、頭痛を訴え、意識を失った。担当医は、午前1時37分ごろにけいれんが起きると、妊婦がけいれんを起こす「子癇(しかん)」と診断。午前1時50分ごろ、奈良県立医大病院に受け入れを依頼したが「満床」で受け入れられず、同病院などを介して病院を探した。搬送先が決まったのは午前4時半ごろで、午前6時前に国立循環器病センター(大阪府吹田市)へ搬送された。
 実香さんは同センターでCT検査を受け、脳内出血が判明し、帝王切開で長男を出産したが、8日後に死亡した。
 判決は、脳外科医の鑑定などをもとに、脳内出血は午前0時ごろに起き、午前2時すぎには救命困難だったと認定した。そのうえで、担当医の過失の有無を検討。午前0時すぎは血圧などに問題なく、経過観察をしたのは不適切と言えず、1時半すぎにけいれんが起きた時点で脳の異常を疑うことができたとした。
 しかし、これまでの担当医の経験から1時間程度で搬送先が決まると判断して高次医療機関への搬送を優先させ、その妨げとなり得るCT検査をしなかったことは不適切と言えないとした。そのうえで、病院側が最善の策をとったとしても、助かる可能性は極めて低かったと指摘した。
 判決は付言で、大淀病院のように常勤の産科医が病院に1人しかいない「一人医長」の問題にも触れ、実情を放置しておくことは勤務医だけでなく患者の立場からも許されないとした。
 【関連記事】「[たらい回し問題から1年]妊婦搬送、工夫進むが… 2009/10/25 YOMIURI ONLINE」 / 「周産期医療、整備指針の改正案 厚労省、都道府県に示す 2009/ 8/14 asahi.com」 / 「妊婦の救急対応へ周産期センター再編 厚労省懇談会提言 2009/ 2/ 4 asahi.com」 / 「周産期医療250床増、30国立大病院で…文科省方針 2008/12/ 5 YOMIURI ONLINE」 / 「周産期母子医療センターで7割「妊婦拒否あった」 厚労省調査 2008/11/20 NIKKEI NET」 / 「妊婦搬送先の検索システム、経産省と厚労省が連携へ 2008/11/11 YOMIURI ONLINE」 / 「石原知事、「協力医」登録を要望 都医師会に 2008/11/ 5 NIKKEI NET」 / 「杏林大病院など脳出血の妊婦受け入れ拒否、意識不明の状態に 2008/11/ 5 YOMIURI ONLINE」 / 「周産期医療センター…1人当直、半数近く 2008/11/ 2 YOMIURI ONLINE」 / 「妊婦搬送、大都市ほど拒否…周産期医療センターを全国調査 2008/11/ 2 YOMIURI ONLINE」 / 「舛添厚労相が地元医師会に協力要請、妊婦死亡問題で  2008/10/27 NIKKEI NET」 / 「都道府県に妊婦受け入れ拒否問題の対策づくり指示・厚労省など 2007/12/11 NIKKEI NET」 / 「妊婦搬送に担当医 都内8病院が受け入れを調整 2007/11/28 asahi.com」 / 「総合周産期母子医療センターの6割が新生児搬送断る経験 2007/10/29 asahi.com」 / 「妊婦搬送遅れ1千件超 病院探し難航などで 消防庁 2007/10/26 asahi.com」 / 「周産期救急医療 産婦人科医会支部の4割「十分でない」 2007/10/11 asahi.com」 / 「妊婦の救急システム、都道府県の半数「十分機能せず」 2007/ 9/13 YOMIURI ONLINE」 / 「妊婦搬送巡り、実態調査 2007/ 9/13 YOMIURI ONLINE

|

« 【社労士】社会一般常識 > 障害者自立支援法/集団訴訟 国と障害者ら和解へ(20100301) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/開業医が夜間2次救急支援(20100301) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47703431

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/「救急は名ばかり」 大阪地裁言及(20100301):

» 破壊された奈良の医療はもう戻るまい [ブラウン管で ガンシューティング しませんか? 〜KRTさん(三十路)のブログ〜]
■医師に非がないという判決が出ても…。 大淀病院事件の判決が出たようです。 「重症患者引き受ける体制を」=搬送拒否で裁判長付言−遺族請求は棄却・大阪地裁(時事通信) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100301-00000100-jij-soci 2006年、出産のため入院中に脳内出血を起こし、19の医療機関に搬送受け入れを断られ死亡した奈良県大淀町の高崎実香さん=当時(32)=の遺族が、担当医の診断ミスが原因とし... [続きを読む]

受信: 2010.03.04 18:59

» (医師叩き・病院叩きを行った)マスコミと国民に言いたい。恥を知れ。 [医療はこのまま崩壊していくのか]
大淀病院事件の判決が出ましたね。 当然の判決だったと思います。 しかし、たとえ医師に過失がない事が裁判で明らかにされても、毎日新聞をはじめとするマスコミの医療破壊記事と、それを吟味・検証せずに医師を、病院をバッシングした者たちによって破壊されてしまった奈良の医療は、恐らく、もう戻ることはないでしょう。 以下、奈良の医療を破壊した戦犯の方々のブログ記事。 [http://blogs.yahoo.co.jp/k_akiomi/41206005.html] [http:..... [続きを読む]

受信: 2010.03.04 18:59

« 【社労士】社会一般常識 > 障害者自立支援法/集団訴訟 国と障害者ら和解へ(20100301) | トップページ | 【社労士】健康保険法 > 医療制度改革/開業医が夜間2次救急支援(20100301) »