« 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制/飲食店全面禁煙 増えてます(20100302) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/高校無償化 朝鮮学校対応(20100304) »

2010.03.02

【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 1月失業率 4.9%、有効求人倍率 0.46倍(20100302)

企業、なお採用増に慎重 1月の失業率5%割れ 2010/ 3/ 2 NIKKEI NET

 総務省が2日発表した1月の完全失業率は4.9%に改善し、10カ月ぶりに5%の大台を下回った。国内景気の持ち直しを受けたものだが、流通業などに雇用の受け皿が集中し、輸出が好調な製造業はなお採用増に慎重。賃金カットで何とか雇用を維持している企業も多く、雇用や所得の改善が景気を後押しする好循環には、なかなかたどり着けそうにない。
 産業別の就業者数をみると、製造業は1053万人と、前月から11万人減った。一方で、卸売・小売業は前月から20万人、介護サービスなどの医療・福祉が14万人増え、製造業から非製造業への雇用の移動が鮮明になった。
 米欧の失業率は10%前後で高止まりしており、日本は主要国の中ではそれほど雇用環境が傷んでいないようにみえる。ただ日本企業は人件費の調整を雇用ではなく賃金カットで進めることが多く、09年の1人あたりの現金給与総額は前年比3.8%も減った。労働者の所得環境は厳しさを増しており、消費が低迷して物価が下がる「デフレ」にも陥りやすい状態が続いている。

完全失業率:1月、4.9% 0.3ポイント改善 2010/ 3/ 2 毎日jp

 総務省が2日発表した労働力調査によると、1月の完全失業率(季節調整値)は4・9%と前月に比べ0・3ポイント改善した。改善は2カ月連続で4%台となったのは09年3月(4・8%)以来10カ月ぶり。一方、厚生労働省が発表した1月の有効求人倍率(同)は、前月比0・03ポイント上昇の0・46倍と4カ月ぶりに改善した。
 今回から季節調整値の算出に使う指数を変更。前回1月発表時に比べ、昨年12月の完全失業率は5・1%から5・2%に、12月の有効求人倍率は0・46倍から0・43倍に改定されている。1月の完全失業者数は前年同月比46万人増の323万人、就業者数は79万人減の6213万人だった。
 有効求人倍率はハローワークの求職者1人に何件の求人があるかを示す。このうち、正社員の求人倍率は0・29倍と前月から0・01ポイント改善した。
 雇用情勢の先行きを示す新規求人倍率(季節調整値)は0・85倍で、前月から0・04ポイント改善した。

非正規雇用労働者:失業、期間労働者で2倍--2月調査 2010/ 3/ 2 毎日jp

 厚生労働省は2日、2月の調査で、今月までに職を失ったか失うことが決まっている非正規雇用労働者が、1月調査より5867人増加したと公表した。増加数は573人減少した。期間労働者などの割合が1月の2倍近く増え、派遣労働者が大きく減った。08年10月からの累計は26万2598人になる。
 調査は2月18日現在。新たに把握した失職者などの割合は、パートなどが52・9%(3102人)で1月に続いて最も多かった。次いで期間労働者などが32・4%(1902人)で、割合は1月(16・6%)の2倍近くに増えた。派遣労働者は8・0%(469人)で、1月(23・2%)と比べ割合は大幅に減った。請負労働者は6・7%(394人)。
 直接雇用の非正規労働者の雇い止めが増えていることについて、厚労省職業安定局は「非製造業でも雇用調整が広がったのではないか」と分析している。

非正規労働者:失職5867人増 2月調査 2010/ 3/ 2 毎日jp

 厚生労働省は2日、2月の調査で、今月までに職を失ったか失うことが決まっている非正規雇用労働者が、1月調査より5867人増加したと公表した。増加数は573人減少した。期間労働者などの割合が1月の2倍近く増え、派遣労働者が大きく減った。08年10月からの累計は26万2598人になる。
 調査は2月18日現在。新たに把握した失職者などの割合は、パートなどが52.9%(3102人)で1月に続いて最も多かった。次いで期間労働者などが32.4%(1902人)で、割合は1月(16.6%)の2倍近くに増えた。派遣労働者は8.0%(469人)で、1月(23.2%)と比べ割合は大幅に減った。請負労働者は6.7%(394人)。
 パートや期間労働者など直接雇用の非正規労働者の雇い止めが増えていることについて、厚労省職業安定局は「厳しい経済状況が続き、直接雇用の多い非製造業でも雇用調整が広がったのではないか」と分析している。

1月の完全失業率4.9%、0.3ポイント改善 2010/ 3/ 2 asahi.com

 総務省が2日発表した1月の完全失業率(季節調整値)は、前月より0.3ポイント低い4.9%で、10カ月ぶりに4%台に回復した。厚生労働省が同日発表した1月の有効求人倍率(同)は、前月より0.03ポイント高い0.46倍で、4カ月ぶりに改善した。輸出産業を中心とする生産活動の持ち直しで、雇用の底打ち感も強まってきた。
 今回は、季節による変動の影響を取り除くために、数字を加工する「季節調整値」の改定期にあたり、完全失業率、有効求人倍率ともに前月までの数値も変わっている。完全失業率が最も高かった2009年7月の5.7%も、5.6%に見直されたが、過去最悪との位置づけは変わらない。
 完全失業率は15歳以上の働く意欲がある人のうち、職がなく求職活動をしている人の割合。男性は前月より0.1ポイント低い5.2%、女性は0.5ポイント低い4.6%だった。
 完全失業者数は323万人で、前年同月より46万人多い。理由別では企業の倒産やリストラなどが同21万人増の103万人で、自己都合は3万人増の100万人だった。
 有効求人倍率は、ハローワークで仕事を探す人1人に、何件の求人があるかを示す。1月は有効求人(同)が前月より2.3%増える一方で、有効求職者(同)が3.8%減ったため改善した。
 景気の先行きを示す新規求人倍率(同)は前月を0.04ポイント上回る0.85倍で、2カ月連続で改善した。産業別では製造業の新規求人が前年同月比5.9%増となり、06年10月以来、3年3カ月ぶりに増加に転じた。製造業は09年2月に同61.3%減となるなど、前月まで26カ月連続で2けたの落ち込みが続いていたが、景気対策の効果などが表れてきた。
 ただ、正社員の有効求人倍率は前年同月を0.14ポイント下回る0.29倍で、安定した仕事が見つかりにくい状況は変わっていない。
 休業手当の一部を助成する雇用調整助成金を1月に申請して受理されたのは8万3千事業所、対象となる従業員は172万7千人で、前月より13万8千人少なかった。
 08年10月から今年3月までに解雇や雇い止めで職を失う非正社員は26万2千人。派遣が14万7千人と6割近くを占めている。同じ期間に失職する正社員は、100人以上の離職事例の集計だけで6万1千人にのぼる。

1月の失業率4.9%、0.3ポイント改善 10カ月ぶり5%下回る 2010/ 3/ 2 NIKKEI NET

 総務省が2日発表した1月の完全失業率(季節調整値)は4.9%と前月から0.3ポイント低下し、10カ月ぶりに5%を下回った。厚生労働省が同日発表した1月の有効求人倍率(同)も0.46倍と前月から0.03ポイント改善した。景気の持ち直しを映し、雇用情勢の悪化に歯止めがかかってきた。ただ企業の採用意欲は依然として低調で、雇用が本格的に回復するにはなお時間がかかりそうだ。
 完全失業率は15歳以上で働く意欲がある人のうち、職に就いていない人の割合を指す。男女別では男性が5.2%、女性が4.6%だった。
 失業率が改善したのは就業者数(季節調整値)が6303万人と、前月比で54万人増えた影響が大きい。政府が新たな雇用の受け皿として期待する医療・福祉は前年同月比26万人増。卸売・小売業は7万人減だったが、マイナス幅は2009年12月の23万人減から大幅に縮小した。

1月の完全失業率4.9%、有効求人倍率も0.46倍に改善 2010/ 3/ 2 NIKKEI NET

 総務省が2日発表した1月の完全失業率(季節調整値)は4.9%で、前月に比べ0.3ポイント低下した。
 完全失業者数は323万人で、前年同月比46万人増と、15カ月連続で増加。うち、勤務先の人員整理や倒産などで失業した「勤め先都合」は21万人増、「自己都合」は3万人増だった。
 就業者数は6213万人で79万人減少した。減少は24カ月連続。
 総務省は毎年1月分の発表にあわせ、季節調整値を過去10年分さかのぼって改定している。
 一方、厚生労働省が同日朝発表した1月の有効求人倍率(季節調整値)は0.46倍だった。季節調整値の改定で2009年12月が0.43倍(改定前は0.46倍)になったため、前月と比べ0.03ポイント上昇した。
 有効求人は2.3%増、有効求職者は3.8%減だった。
 新規求人は前年同月比で13.4%減少した。産業別にみると、宿泊業・飲食サービス業(28.3%減)、建設業(26.5%減)、情報通信業(23.6%減)などが大きく減少した。
 【関連記事】「【社労士】労働一般常識 > 失業率/2009年12月失業率 5.1%、有効求人倍率 0.46倍(20100129)」 / 「完全失業率:4カ月ぶり悪化 デフレ影響、0.1ポイント増の5.2%--11月 2009/12/25 毎日jp」 / 「11月の失業率悪化5.2% 求人は改善0.45倍に 2009/12/25 asahi.com」 / 「10月失業率5.1%、0.2ポイント改善 2009/11/27 asahi.com」 / 「有効求人倍率0・43倍…2年4か月ぶり改善 2009/10/30 YOMIURI ONLINE」 / 「9月の失業率5.3%、0.2ポイント改善 求人倍率2年4カ月ぶり上昇 2009/10/30 NIKKEI NET」 / 「失業率微減5.5%、求人は横ばい0.42倍 8月 2009/10/ 2 asahi.com」 / 「8月の失業率、7カ月ぶり低下 求人倍率最悪続く 2009/10/ 2 NIKKEI NET」 / 「失業率、「6%台へ上昇」の指摘も 労働市場、予断許さず 2009/10/ 2 NIKKEI NET」 / 「8月の完全失業率5.5% 前月比0.2ポイント低下 2009/10/ 2 NIKKEI NET」 / 「7月失業率、過去最悪の5.7% 有効求人倍率も最低 2009/ 8/28 asahi.com

|

« 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制/飲食店全面禁煙 増えてます(20100302) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/高校無償化 朝鮮学校対応(20100304) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/47706521

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士】労働一般常識 > 失業率/2010年 1月失業率 4.9%、有効求人倍率 0.46倍(20100302):

« 【社労士】健康保険法 > 医療費抑制/飲食店全面禁煙 増えてます(20100302) | トップページ | 【社労士】社会一般常識 > 少子化問題/高校無償化 朝鮮学校対応(20100304) »